まるとANAの旅事情

ANA上級会員に憧れて大学生時代にプラチナ&SFCホルダーに。みなさんの修行活動をアシストするお役立ち情報を発信していきます。

DIA修行 4月台北②/エバー航空プレミアムローレルクラス(ビジネスクラス)搭乗記!

あとで読む

スポンサーリンク

最終更新 2017.01.28

f:id:kanamalu:20161031155407p:plain©Harry Artner

①に続いて突然の台北/高雄旅行レポートをお送りします。

www.kanamalu.com

 

今回はいつものANAではなく同じスターアライアンス加盟航空会社「エバー航空(EVA Air)」の成田ー台北間を同社ビジネスクラスに相当する「プレミアムローレルクラス」に搭乗しましたのでそのレポートです。

 

プレミアムローレルクラスとは

プレミアムローレルクラスとは、エバー航空が主要中短距離路線(成田ー台北など)に展開するビジネスクラス相当のサービスです。日本〜台湾間はA321、A330などが就航しており、それらの機材で提供されています。台湾以遠ではB777-300ERやB747-400なども利用されています。

搭乗 - エバー航空 | 日本

 

プレミアムローレルクラスの座席

今回搭乗したのは成田発台北行きのA330-300型機。

プレミアムローレルクラスは2-2-2の配置で、5列あるので全部で30席です。実際に乗った便はプレミアムローレルクラスが満席で、ほとんどが台湾人の方でした。

 

機材の大きさの割にはビジネスクラスに相当するこのプレミアムローレルクラスが比較的座席数が少ないため、同社が保有するB747-400(372席)、B777-300ER(333席、313席)に次ぐ座席数(309席)ですね。

 

さて実際の座席はこんな感じです。(10Cなので、左側2列の通路側)

f:id:kanamalu:20160430123715j:plain

フルフラットになるリクライニングシートです。

座席からの眺めはこんな感じ。

f:id:kanamalu:20160430165721j:plain

f:id:kanamalu:20160430165744j:plain

f:id:kanamalu:20160430165806j:plain

 

ANAは韓国や台湾などの東アジア路線、東南アジア路線ではANA BUSINESS CRADLEを採用していますので、フルフラットではなくライフラット。これはこれで嫌いじゃないけど、う〜ん、ANAよりいいかも。

f:id:kanamalu:20160430124320j:plain

www.ana.co.jp

 

実際座ってみるとANAのBUSINESS CRADLEと比較して、若干座面幅が狭いかな?

3〜4時間の路線ではほとんどリクライニングしないよ!という人はANAのほうがいいかも。逆に映画やドラマなどを見ながらリクライニングしたい!なんて人はエバー航空のほうがいいですね。完全な水平まで下げずに、150度??くらいにして、枕に頭乗っけて斜めの姿勢で見るのがすごく楽でした!

f:id:kanamalu:20160430124130j:plain

ちなみにエンターテイメント機器が最新のもので、中短距離路線にしては充実していました。写真のように手元で操作するためのリモコンがPSPのような感じ...、とても操作しやすかったです。この手元のリモコンでも映像が見られるようでしたが、まあ深夜便でもないので普通のディスプレイのほうで見ました。画面サイズも15インチと、やはりこの中短距離路線ではかなり大きい方ですね。

 

あと画面の解像度が高くてすごく綺麗でした。MacのRetina Display並み?

その反面、画面が非光沢じゃないので窓側の人がシェードを閉じていないと反射光で見づらいのなんの。この点は残念でしたね。

ぜひこの機材の窓側に乗ったら、シェードを閉めてあげてください(笑

f:id:kanamalu:20160430125324j:plain

 

プレミアムローレルクラスのサービス・食事・飲物

次にサービス全般について。

搭乗後にウェルカムドリンクを頂きました。選択肢は、スパークリングワイン・ジュース・お水でした。ジュースは、なんだったかな...マンゴー?ちょっと覚えてないのですが、フレッシュフルーツの100%ジュースでした。美味しかったです。

f:id:kanamalu:20160430125548j:plain

 

そして離陸前に食事のメニューとドリンクメニュー(ワインメニュー)を渡され、しばらくするとどれにするか聞かれます。たまたまかもしれませんが、ANAより急かされなかったです。

f:id:kanamalu:20160430125726j:plain

 

ちなみにこの日のメニューはこんな感じ。

和食

f:id:kanamalu:20160430125832j:plain

洋食

f:id:kanamalu:20160430125920j:plain

中華料理

 

f:id:kanamalu:20160430125957j:plain

 

エバー航空は台湾の航空会社。。。ここはやはり中華を選びますよね。

台北にいる限り鼎泰豊は特別なものではありませんが、やはりエバー航空と提携している機内食。一度は食べてみたい!

f:id:kanamalu:20160430130444j:plain

まずはこんな感じでプレートが来ます。

ワンタンメン!

f:id:kanamalu:20160430130609j:plain

牛肉スープ!

f:id:kanamalu:20160430130643j:plain

前菜!

f:id:kanamalu:20160430130723j:plain

 

どれも本当に美味しかったです。

機内食で中華をこんなに美味しく食べられるとは思っていなかったんですよね…

 

ANAの中・長距離路線で食べるのはいつも洋食で、だいたい牛フィレ肉のなんちゃらですから。中華は初体験!とっても満足です。

本場台北で食べる鼎泰豊はもちろんおいしいですが、機内で味わう鼎泰豊も悪く無いですよ。

 

ちなみに一緒に飲んだのは獺祭(純米大吟醸50)

f:id:kanamalu:20160430130923j:plain

ANAにはない...

というかエバー航空のプレミアムローレルクラス、お酒はもちろんのこと飲物の種類がすごく多い!

お酒 => 33種類

f:id:kanamalu:20160430131038j:plain

f:id:kanamalu:20160430164434j:plain

f:id:kanamalu:20160430164537j:plain

お酒

  • シャンパン
  • 赤ワイン(フランス産)
  • 赤ワイン(スペイン産)
  • 白ワイン(チリ産)
  • 白ワイン(ドイツ産)
  • シェリー酒
  • ポートワイン

カクテル

  • ブラッディマリー
  • スクリュードライバー
  • ジンマティーニ
  • ジントニック
  • ウォッカマティーニ
  • ハイボール
  • レッドアイ
  • モヒート

カクテル〜エバー航空限定〜

  • エバーグリーンスペシャル(メロンリキュール、ウォッカ、スプライト/ソーダ水)
  • オーロラ(ジン、コアントロー、グリーンミントリキュール、スプライト/トニックウォーター)
  • パッションアイランド(ラム酒、コアントロー、オレンジジュース、パイナップルジュース)

スピリッツ

  • カヴァラン シングル モルトウイスキー
  • ジョニーウォーカー ブラックラベル スコッチウイスキー
  • カミュ XO エレガンス
  • バーカルディ ライトラム
  • ボンベイ サファイア ジン
  • スミノフ ブラックラベル ジン

リキュール

  • カルーアコーヒーリキュール
  • ベイリーズ アイリッシュクリーム
  • メロンリキュール
  • コアントロー

梅酒

  • チョーヤ エクストラ イヤーズ

日本酒(日本路線のみ)

  • 獺祭(純米大吟醸50)

ビール

  • 台湾ビール
  • ハイネケン
  • キリン一番搾り

f:id:kanamalu:20160430165250j:plain

ソフトドリンク => 17種類

コーヒ => 6種類

お茶 => 12種類

 

ざっとこんな感じ。

とても種類豊富過ぎて、そんなに飲めないよ!って感じです(笑

 

総合的な評価・感想

エバー航空のCAさんのサービスは基本的に気持ちのいいものだと思います。ただまあ経験上、ANAよりは個人差が出るような気がしますね。でもこの座席にこの食事などのサービスがANAよりも安く手配できるのでコストパフォーマンスは高いと思います。

 

ANAのビジネスクラスはどんな感じ?

台湾路線のANAビジネスクラスも塔乗したことがありますが、残念ながらまだ記事に起こしていませんのでほぼ同じサービスが提供される羽田〜香港のビジネスクラス記事を参考にして頂ければと思います。(香港路線は座席が異なります)

www.kanamalu.com

www.kanamalu.com

 

ANAとエバー航空どっちのビジネスクラスが良い?

どちらもそれぞれ良い座席、食事、サービスを提供していると思います。しかしビジネスクラスともなればそれなりの現金orマイルが必要になりますから悩んでしまいますよね。次に金額面で比較していきましょう。

ざっくりした比較ですが、超絶繁忙期でも無ければ次のイメージで大丈夫かと思います♪

ANA 東京(成田・羽田)〜台北(桃園・松山)

ANA ビジネスクラス
旅程 2泊3日(土曜日含む)
塔乗クラス ビジネスクラス
予約クラス Value Plus (Z)
マイル積算率 125%
プレミアムポイント積算率 125%
プレミアムポイント地域倍率 1.5倍
運賃 131,710円
獲得プレミアムポイント 5,786PP
PP単価 22.8円/PP

f:id:kanamalu:20160430170317p:plain

エバー航空 東京(成田)〜台北(桃園)

エバー航空 プレミアムローレルクラス
旅程 2泊3日(土曜日含む)
塔乗クラス ビジネスクラス
予約クラス Business (D)
マイル積算率 125%
プレミアムポイント積算率 125%
プレミアムポイント地域倍率 なし(1倍)
運賃 81,410円
(差額 約-5万円)
獲得プレミアムポイント 4,124PP
PP単価 19.7円/PP

f:id:kanamalu:20160430170328p:plain

上表からわかるように、キャンペーン運賃ではなく通常の運賃でもANAビジネスクラスと比べて約5万円も安いんです。これだけでもかなり魅力的ではないでしょうか。デメリットがあるとしたら、SFC修行などANAの上級会員を目指している方達くらいかと思います。以下、そのデメリットをまとめました。

 

エバー航空のデメリット

・ANA SKYコインが使えない

(ANAグループ運航便ではないため利用不可)

・ANA運航便としてPPが貯まらない

(次年度に貰えるアップグレードポイント付与基準はANAグループ運行便のみ対象)

・ANAカードで支払ってもプラスマイルが付かない

(当然ですがANAの航空券ではないのでプラスマイルは積算されません)

・ANAカード・上級会員のボーナスマイルが付かない

 (ANAグループ運行便ではないのでダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ、SFC、ANAカード会員などに付与されるボーナスマイルは一切積算されません)

 

ANAマイル加算率:

f:id:kanamalu:20160430171927p:plain

エバー航空マイル加算率:

f:id:kanamalu:20160430172049p:plain

※ANAで定期的に開催されるキャンペーン運賃を利用することで8〜9万円前後でビジネスクラスを購入することができますが、セール運賃の場合は予約クラスがZではなくPになります。マイル積算率70%と目減りしてしまいますのでご注意ください。

 

まとめ

日本と物理的にも精神的にも距離の近い台湾、ANAと同じスターアライアンス加盟航空会社ということで日本人も乗る機会の多いエバー航空。

東京〜台北のフライト時間は国際線としてはかなり短い部類ですが、ビジネスクラスとして質の高いサービス、座席、食事を提供していることがよくわかりました。

 

ANAばかりのSFC修行もいいですが、たまにはエバー航空のプレミアムローレルクラスはいかがでしょうか( ´ ▽ ` )?きっと幸せな気分で台湾へと出かけられることでしょう。

 

SFC修行僧トップブロガー のりさん も同じA330-300機材のビジネスクラスに那覇〜台北区間で搭乗されてらしたので最後にご紹介!

www.seize-one-world.com

 

みなさんも是非一度お試しあれ♪ 

 

参考記事

エバー航空やANAのビジネスクラスに気軽に無料で乗る方法!マイルは誰でも簡単に貯められるんです♪

www.kanamalu.com

エバー航空のセール運賃で手軽に台北や香港へ行きませんか♪

www.kanamalu.com

www.kanamalu.com