読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるとANAの旅事情

ANA上級会員に憧れて大学生時代にプラチナ&SFCホルダーに。みなさんの修行活動をアシストするお役立ち情報を発信していきます。

【2017年5月】ソラチカカードは陸マイラー必携!入会キャンペーンで6,500マイルをゲット!

あとで読む

スポンサーリンク

f:id:kanamalu:20160526173234j:plain

陸マイラーには言わずと知れたソラチカカードことANA To Me CARD PASMO JCBカード

 

なんで陸マイラーからそんな人気なのか。

それはソラチカカードを決済に使うことで大量マイルを得られるのではなく、ネット上のポイントを驚愕のレートでANAマイルに交換できるという特性が人気の秘訣なんです。

 

この記事では、このソラチカカードならではの特徴とカード自体の機能について解説していきます。

 

ソラチカルートと呼ばれる驚愕のマイル交換レート

一般的にポイントサイトのポイントをANAマイルに交換しようとすると、1ポイントが1円相当のサイトだと1ポイント=0.5ANAマイルが一般的です。

 

ソラチカカードならば、東京メトロのポイントプラグラム「メトロポイント」を経由することで 100ポイント = 90ANAマイル という90%の高レートで交換することができるんです。

 

 f:id:kanamalu:20160622175546g:plain

 もし手元にハピタスで10万ポイントがあり、ソラチカカード以外の方法でマイルに交換してしまうと獲得できるANAマイルは約5万マイル。ところかソラチカカードを使うと約9万マイルにできるんです。

その差はなんと約4万マイル。

交換する方法の違いだけで、4万マイルも差がついてしまうんです。

 

そもそもソラチカカードとは

そんなすごいカードであるソラチカカードとは、一体どんなカードなのか。

f:id:kanamalu:20160526174615j:plain

クレジットカード会社のJCBが発行する、航空会社のANA(全日空)と鉄道会社の東京メトロの合計3社が提携しているPASMO一体型ANAカードです。そのため「空(ソラ)」と「地下(チカ)」で、ソラチカカードと呼ばれています。

 

飛行機と地下鉄にこの1枚で乗れるので便利♪という謳い文句なわけです。実際、ANAの国内線であればこれだけ持っていれば自宅から飛行機の目的地まで行けてしまいますので、本当に便利です。

 

なぜ1枚で済むかといえば、国内線はSKIPサービスでソラチカカードを保安検査場や搭乗口の機械にタッチすれば飛行機に乗れますし、地下鉄はPASMOでスイスイ。理にかなったクレジットカードです。オートチャージにも対応してますので、残高不足の心配もありません。

 

ソラチカカードで貯まる3つのポイント

このカードの魅力は、1枚のカードで3つのポイントが貯まるというところにあるんです。マイル交換レートについつい目が行ってしまうのですが、原点はここにあるんですね。

 

ソラチカで貯まる3つのポイント

  1. JCB OkiDokiポイント
  2. ANAマイレージ
  3. メトロポイント

このカードを持っていれば同時に3つのポイントが貯まります。

本来、このカードは東京メトロユーザーをターゲットにしたクレジットカードなので東京メトロを使うことにより、メトロポイントが貯まるというメリットがあります。1つ目が乗車ポイント、2つ目が電子マネーポイント、3つ目が定期券購入ポイントです。

 

乗車ポイントとは

乗車ポイントとは、ソラチカカード(又は紐付けしたPASMO)で、東京メトロに乗車すると1乗車ごとに平日5ポイント/休日15ポイントが貯まる特典です。

100ポイント貯まればANAマイルに交換することができるので、平日4.5マイル/休日13.5マイルを乗車ごとに獲得できるイメージです。

都心部を中心に営業まわりすることが多い方だと、地味にメトロポイントが溜まっていくのではないでしょうか。

 

電子マネーポイントとは

電子マネーポイントとは、ソラチカカード(又は紐付けしたPASMO)で、東京メトロの売店や自動販売機を利用するとポイントが貯まる特典です。

METRO's や Echika などの売店 => 1ポイント/200円ごと

自動販売機やコインロッカー => 1ポイント/100円ごと

ポイント数自体はあまり期待できませんが、意識しないとことでも約0.5〜1%の還元が行われているというのはすごいですね。

 

定期券購入ポイント

東京メトロの定期券をソラチカカードで支払うと、1,000円ごとに5ポイントが貯まります。これはクレジットカード利用で貯まるOkiDokiポイントやANAマイルとは別で貯まります。

例えば東京メトロの有楽町線(小竹向原〜有楽町間)の6ヶ月定期券を購入するとします。6ヶ月で44,070円の定期券ですので、貯まるポイントは下記の通りです。 

[44,070円の東京メトロ定期券購入]
ポイントサービス 獲得ポイント 獲得マイル
JCB OkiDokiポイント 44ポイント (換算 = 440/220マイル)※
ANAマイレージ - -
メトロポイント 220ポイント (換算 = 198マイル)
合計 - 418〜638マイル

※JCBのポイントコースにより変動(5マイルコース/10マイルコース<有償>)

半年ごとの定期券購入だけでも、約600マイル前後。1年間では約1,200マイルになります。通勤手当で購入費用は至急されるかと思います。ソラチカカードはこんなところでも確実にマイル獲得に繋がるお得なクレジットカードなんです!

 

クレジットカード(ANAカード)としての機能

その他にもANAカードとしての魅力的な機能があります。初ANAカードとしてはスペックは十分では?

 

初年度年会費無料[2年目以降: 2,000円(税別)]

まずは1年間無料で使い始められます。2年目以降も比較的お財布に易しい2,000円。

・最高1,000万円の国内航空傷害保険/海外旅行傷害保険

最低限の旅行傷害保険が自動付帯します。他にゴールドカード等を持っていれば、保険ではそちらを頼りにしたほうが良いかと思います。

・国内線ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」が利用可能

修行で使うことは無いと思いますが、当日まで予約・変更ができてマイル積算率も100%。価格も普通運賃と比べるとお安い比較的自由度の高い運賃が買えるようになります。

・IHG ANA ホテルズグループのベストフレックス料金から5%OFF

修行で国内のIHG系列ホテルに泊まるとき、ベストフレックス料金から5%引き。実際は計画的に予約していくことになるので、あまり使わない特典かも?

・ANA国内線/国際線の機内販売10%OFF

これは結構大きいというか、ありがたい特典。毎年春のANA×スターバックスのボトルを買う人や、国内線に乗るとなんとなく1つは買ってしまうなんて人には地味に嬉しいサービス。目の前で割引されるので、ANAカードの実力を実感しやすいです。

・空港内店舗 ANA FESTAで10%OFF

昨年秋に成田のANA FESTA(免税店)でTUMIのカバンを6万円で買ったとき、ANAカードで支払ったら10%OFFとなり、54,000円で買えました。免税店利用だと一気に年会費を大きく上回る割引が!嬉しかったです。

・ANA国内ツアー、海外ツアーのツアー申込代金から5%OFF

修行というより、家族と行くツアー申し込みなんかで使える割引特典。航空会社が出すツアーはわりとお得感があるので、損は無いかも?

・ANAショッピングサイト A-styleで5%OFF

ANAのグッズやワインなど、たま〜にA-style使います。2016年4月からはポイントとANAカードの併用支払い時も5%割引が適用されるようになり、より便利に。何かと嬉しい特典ですね。

・ANAグループ空港免税店で5%OFF

ANA FESTAではない空港免税店でもANAグループの免税店なら5%OFF。

・メトロ食堂街やヒルトン東京などでの各種特典(To Me CARD特典)

To Me CARDの提携先|東京メトロ To Me CARD

これはTo Me CARDとしての特典で、メトロ関連施設やメトロ駅近くで使える特典がいくつかあります。ただ、僕はあまり恩恵は受けたことが無いです。

PASMO定期券を搭載OK[東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道で発売している定期券のみ]

通勤・通学で東京メトロなどの上記5私鉄を使っている場合、定期券もソラチカカードにまとめることができます。パスケースに入れるカードが減って助かりますね。

・ETC、QUICPay、PiTaPa、家族カードを追加できる

クレジットカードの基本的なところですが、ETCカードも年会費無料で発行できます。あとJCBの強みとして、QUICPayが使えるのは便利です。docomoが提供するiDと似たポストペイ型電子マネーで、チャージ不要の電子マネーとして使えます。セブン-イレブンをはじめとする大半のコンビニ、牛丼チェーン、タクシー等で使用できてかなり便利。一度使いはじめると手放せなくなります笑

 

カードの詳細

www.to-me-card.jp

www.jcb.co.jp

 

カードの発行

f:id:kanamalu:20170317100648p:plain

ソラチカカードは各種ポイントサイトでは掲載されておらず、カード発行でポイントをもらうことはできません。

 

しかし!2017年1月からはANAが入会キャンペーンも展開しています。これから申し込みという方は、是非チェックしてマイルを獲得しましょう。ソラチカカードは一般カードなので最大6,500マイルを獲得するチャンスです。

www.ana.co.jp

 

それでは、マイルを賢く貯めて楽しく旅行に出かけましょう♪