まるとANAの旅事情

ANA上級会員に憧れて大学生時代にプラチナ&SFCホルダーに。みなさんの修行活動をアシストするお役立ち情報を発信していきます。

香港で1人北京ダックを楽しめる「大都烤鴨」へ行ってみた!事前・当日予約の方法もご紹介

あとで読む

スポンサーリンク

f:id:kanamalu:20170922220802j:plain

ちょっと弾丸気味な2泊3日の香港旅行。この旅行の大義名分は、美味しい北京ダックを食べることだったのですが、香港に来てから気付きました。

1人だと北京ダック食べられないんじゃないの?

通常、北京ダックは1羽ごとに注文するため当然1人で食べ切れる量ではありません。(食べられる猛者もいますが...)

 

そのため1人旅行者が北京ダックを食べるには半羽(半身)で注文できるお店である必要があり、これができるお店を探すのが大変でした。しかし香港まで来て諦めるわけにはいかない!というわけで、突撃1人北京ダックができるお店を見つけましたので、ここでご紹介します(*´∀`*)

 

この記事は2016年7月公開ですが2017年9月に再訪しましたのでこちらの内容で更新してあります。

 

K11にある広東料理店「大都烤鴨」で1人北京ダックを食す!

f:id:kanamalu:20160724204854j:plain 

今回突撃したお店は尖沙咀にあるショッピングモールK11の3階にある大都烤鴨というお店です。英語名はEmpire City Roasted Duck。

 

K11とは、尖沙咀にあるこーーーーんな高いビルです。

プロムナードからも見ることが出来ます。

f:id:kanamalu:20160724212245j:plain

Googleで「香港 北京ダック」と検索すると3番目に出てくるくらい有名なお店でいつも開店前から混雑しています。特に土日は日本人や中国人の観光客も多くかなりの賑わいです。

 

レストランの詳細

店舗名(英語名) 大都烤鴨(Empire City Roasted Duck)
営業時間 ランチ :11:30 〜 16:00
ディナー:18:00 〜 23:00
(ディナー当日予約:17:30〜)
予約可否 可能
※事前予約または当日予約はほぼ必須(混雑具合から)
予約方法 1. 電話事前予約(+852 2628 0662)
2. WEB事前予約【JCBたびらば経由】
3. 当日予約【先着番号札・呼出制】
支払方法 現金・クレジットカード(VISA・Master・JCB・Amex・銀聯)
住所

Shop 221, Level 2, K11 Art Mall【K11購物藝術館】, 18 Hanoi Road, Tsimshatsui, KLN
地下鉄「尖沙咀(チムサアチョイ)駅」N3出口(直結)

このお店自体はランチタイムもやっていますが、北京ダックを食すということもあり僕は毎回ディナータイムにお邪魔しています。JCBたびらば経由での事前予約か当日お店に行く当日予約のどちらかがオススメです。

 

JCBたびらば経由の予約

f:id:kanamalu:20170922225641p:plain

クレジットカード会社のJCBが、JCBカード所有者のために提供しているWEB予約サービス「たびらば(旅LOVER)」を利用することで、予約したい日の1ヶ月前から10日前まで受付してくれます。

 

なおJCBカードといっても、JCB本体が発行するカードではなくてもJCBのマークが付いているカードならどれでもOKです。またクレジットカード以外にもデビットカードでもOKです(JCBデスク確認済)。

 

大都烤鴨の予約は下記リンクから。

tabilover.jcb.jp

 

事前予約したいけどJCBカードを1枚も持っていない!という方は、この機会に年会費永年無料のJCBカードを取得されるのもオススメです。海外旅行の際、結構JCBのたびらばは便利です。特にアジア圏では非常に多くのレストラン予約に対応しています。

 

楽天カードやUCSカードあたりは年会費無料で簡単に取得可能です♪

 

 

当日予約の方法

事前予約をし忘れた!いま香港でこの記事を読んでいる!という方は、当日でもディナータイムの予約...といいますか番号札をとって待つ事が可能です。

 

ディナータイムは18時開始ですが、17時30分になると番号札を貰えるので、もし予約をしていないけど行きたい!という方は17時30前後には一旦このお店について番号札を貰うようにしましょう。

 

18時まではこんな看板がお店の前に立っていますので、17時30分になったら店員さんに声をかけて受付番号札を貰いましょう。人数だけ聞かれるなので2人なら「Two」などと答えてあげましょう。

f:id:kanamalu:20170922221845j:plain

番号札はこのようなレシートです。

f:id:kanamalu:20170922222024j:plain

いつも土日に訪問しているのですが、17時30分頃に番号札を貰ったときは18時ちょうど。18時前後くらいに番号札を貰ったときは19時30分前後と約1.5時間〜2時間くらいの間隔でお客様の回転があるようです。

 

1人で訪問するときは受付時間になるまで、このお店の反対側にあるGOCHISOという日本レストランで時間を潰すことが多く、2人以上のときは適当にショッピングモール内をプラプラします。短い待ち時間ならプラプラがオススメです。

f:id:kanamalu:20170922224120j:plain

 

予約時間になって大都烤鴨に入店!

f:id:kanamalu:20170922231333j:plain

自分の番が来ると、受付時にもらった番号札に記載されている番号が店舗入口の天井あたりについている上のようなディスプレイに表示されますので、番号札を店員さんに渡して中に入りましょう。

 

基本的には全席4人がけの広めのシートになっています。

f:id:kanamalu:20170922231633j:plain

 

席につくとまず最初にウェイターさんがどのお茶を飲むか聞いてきます。プーアール茶やウーロン茶などを貰うことができます。ジャスミン茶は無いと言われました。

f:id:kanamalu:20160724214139j:plain

最初は広東語で聞かれるかもしれませんが、お茶の発音は日本語も中国語もたいして違わないので意外と通じますし、もちろん英語でもOKです。

 

テーブルには最初からメニューの他、2種類のお箸、おしぼり、紙ナプキン、謎のお椀が置いてありました。

f:id:kanamalu:20170922231722j:plain

 

メニューはこのような高級感あるものになっています。

f:id:kanamalu:20160724212708j:plain

 

最初のページはやっぱり北京ダック! ここまで来たら悩まず北京ダックを注文しましょう。普通のものとトリュフ付きのものがありますが、普通のものがオススメです。

 

少し読みにくいですが、灰色部分の右上にある「烤北京真鴨 Rosted Peking Duck」と書かれたものです。1羽と半羽があるので、1人のときは半羽、2人以上のときは1羽がオススメです。と言っても結構な量があるので、小籠包や前菜を頼む場合は量を考えましょう。結構北京ダックだけでお腹いっぱいになります。

f:id:kanamalu:20160724212714j:plain

毎回メニューの撮影を忘れてしまい値段を覚えていないのですが、およそHK$280/半羽くらいだったかと思います。1羽はHK$460だったかな...。すみません、記憶が不鮮明です。

 

その他にも鴨料理があります。

f:id:kanamalu:20160724214011j:plain

 

ちょっとお高いですが小籠包などもあります。

f:id:kanamalu:20160724214404j:plain

 

北京ダックが来るまでは小籠包やクラゲなどがおすすめ

f:id:kanamalu:20160725000659j:plain

小籠包は4個入り。小籠包自体は他のお店でもう少しお安く美味しく食べられますので、ここではこのくらいがちょうど良いかな?と思います。

 

お味のほうは...最高!

好みにもよりますが、台湾などで食べる小籠包よりも味が濃く、日本人好みな感じ。点心を食べに来るならやはり香港です( ´∀`)bグッ!

 

他にもクラゲときゅうりの前菜もあります。これかなり美味しかったです!

f:id:kanamalu:20170922233317j:plain

 

今日のメインディッシュ北京ダック(半羽)が到着

そうこうしているうちに北京ダックが到着!

f:id:kanamalu:20160725001307j:plain

 

こちらが肝心のお肉と皮。

f:id:kanamalu:20160725001513j:plainf:id:kanamalu:20160725001551j:plain

 

一緒にくるむ野菜とタレ!

f:id:kanamalu:20160725001702j:plainf:id:kanamalu:20160725001713j:plain

 

では頂きましょう!!

f:id:kanamalu:20160725001811j:plain

 

最高に美味しいです...!

北京ダックは昨夏のハワイ以来。う〜ん、美味しいです。香港のグルメをいろいろ食べてみたくなりました。

 

デザートはお腹に余裕がある方向け

小籠包と北京ダックを食べ終わった頃、デザートはいかがですか〜と言われたのでメニューを見せてもらいました。普通はこの時点でかなりお腹いっぱいだと思います。

f:id:kanamalu:20160725002122j:plain

 

どれも美味しそうですが日本でも食べられそうなものが多かったので、初めて1人で入ったときはアヒルの形の焼き菓子を頼んでみました。

f:id:kanamalu:20160725002907j:plain

 

そして20分ほどするとテーブルに鳥籠が届きました。

f:id:kanamalu:20160725003249j:plain

 

鳥籠をあけるとこんな感じ...

f:id:kanamalu:20160725003542j:plain

 

ん??写真ほどかわいくない...

f:id:kanamalu:20160725003804j:plain

かわいさに惹かれて頼んだので、ちょっと残念です。

 

お味は普通に美味しいです。

焼いた青りんごとカスタードが中に入っています。

f:id:kanamalu:20160725003908j:plain

 

以上が、大都烤鴨で食べたものです。

1人訪問時のお会計はHK$420くらいでした。お腹いっぱいです。デザートがなければHK$350くらいでしょうか。2人で行ったときはHK$750くらいでした。

 

大都烤鴨のまとめ

今回は1人で香港に来た方も、北京ダックを食べられますよ〜というレポートでした。

中華系の料理はどうしても1人だと量的な問題で食べにくいことが多いですが、北京ダックはその中でもレベルの高い方。

 

せっかく異国の地まで来たのに、その国の美味しい料理が食べられないのはかなりの痛手。料金的にはお高くつきますが、ぜひ香港に1人で来られた方も北京ダックを食べましょう!

 

あれもこれもとはいきませんが、食べる価値有りです!

 

次の記事はこちら。

www.kanamalu.com

 

参考記事 

www.kanamalu.com