読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるとANAの旅事情

ANA上級会員に憧れて大学生時代にプラチナ&SFCホルダーに。現在はANAダイヤモンド修行中ですが、4年ほどプラチナ修行を継続している経験からみなさんの修行活動をアシストするお役立ち情報を発信していきます。

【ANA国際線】マイルでお得にビジネスクラスへアップグレード

あとで読む

スポンサーリンク

最終更新 2017.01.30 初出 2016.10.09

この記事ではANAマイレージクラブの特典である国際線アップグレード特典についてまとめました。エコノミークラスのチケットをビジネスクラスにアップグレードしたり、ビジネスクラスからファーストクラスへと1ランクずつアップグレードすることができます。

 

いままではアップグレードできる対象運賃が狭いことで敬遠されがちなこの特典でしたが、プレミアムエコノミークラスを利用した修行路線や比較的運賃規則のゆるい海外発券などが広がってきたことで陽の目を見るようになりました。

 

ぜひ国際線アップグレード特典について理解しておき、いざというときのチケット選定や修行で活用しましょう。

 

ANA国際線アップグレード特典とは

f:id:kanamalu:20161009171435j:plain

ANA国際線アップグレード特典とは、アップグレード対象運賃で航空券を購入してからマイルなどを利用して1ランク上のクラスへとアップグレードできるサービスです。

 

座席クラスが、 

エコノミークラス / プレミアムエコノミークラス → ビジネスクラス

ビジネスクラス → ファーストクラス

となるイメージです。

 

そしてこのアップグレードするために必要なものが

  • マイル
  • アップグレードポイント

のどちらかになります。

 

マイルは当然ながらANAのマイルです。アップグレードポイントとは、ANAの上級会員に対して前年度の搭乗実績に応じて付与される座席アップグレードのための専用ポイントです。

 

1度ANAのスーパーフライヤーズカードを取得すれば、毎年多少のフライトしか乗らなくてもこのアップグレードポイントが、搭乗実績(プレミアムポイント数)に応じてもらえます。これを国際線のアップグレードに利用できるんです。

f:id:kanamalu:20170130171802p:plain

 

アップグレードに必要なマイル数は、アップグレードしたい区間の基本マイル数によって変動します。

 

東京〜シンガポールの場合は基本マイルが3,312マイルなのでエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードは片道18,000マイル。東京〜シドニーの場合は基本マイルが4,863マイルなので25,000マイルになります。

 

またANAの上級会員に付与されるアップグレードポイントを利用する場合は、地域により片道6ポイント〜10ポイント(エコノミー→ビジネス)が必要になります。上級会員の方はマイルよりアップグレードポイントを利用した方がお得です。

 

必要マイルチャート 
区間基本マイレージエコノミー/プレエコ
→ビジネスクラス
ビジネスクラス
→ファーストクラス
0~2,000 12,000 20,000
2,001~3,500
(シンガポールなど)
18,000 30,000
3,501~4,500 20,000 35,000
4,501~5,500
(シドニー/米国西海岸)
25,000 40,000
5,501~ 28,000 45,000

 

必要アップグレードポイントチャート

f:id:kanamalu:20161009155823p:plain

ではどんな航空券でもアップグレードできるのでしょうか?

 

アップグレードの申し込み条件

残念ながらどんな航空券でもアップグレードできるわけではありません。

  • アップグレード対象運賃で航空券を購入する
  • アップグレード時点で発券済みである

この2点を満たしている必要があります。

 

ANAの国際線予約サイトから上記対象クラスの航空券を購入し、既に入金が済んでいるのであればアップグレードを申し込むことができます。

 

注意すべきは、海外旅作で航空券を購入した方です。

海外旅作は、旅行代金が全額入金されていたとしても航空券の発券は第一区間出発日の30日前以降というルールになっています。

 

実はこれ、海外旅作を販売するANAセールスのデスクに聞いても正確な発券日は教えてもらえません。僕も「だいたい3週間前です」というあいまいな回答しか得られませんでした。おそらくシステムの都合なのでしょう。

 

ですが、ANAセールスのWEBサイトには出発日の30日前以降に発券されると記載がありました。

◎航空会社が提供する国際線アップグレード特典を利用して、エコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードはご利用になれません。
ただし、プレミアムエコノミーからビジネスクラスの場合は、アップグレード特典をご利用になれます。アップグレード特典のお申込みには、あらかじめ航空券の発券が必要になります。特典お申込みご希望の場合は、発券手続きを行いますのでこちらよりANA海外ツアーデスクにご連絡ください。 ただし、海外ツアーで利用する航空券の発券はご出発の30日前以降となります。発券完了後、お客様ご自身にてANA SKY WEBにてお申込みいただくか、またはANAマイレージクラブ・サービスセンターへアップグレード特典をお申込みください。

発券のタイミングは出発日30日前の深夜0時というように、きっちりしているわけではありませんが、おおよそ30日前の日かその後数日で発券されるようです。

 

ちなみに発券されたときにメールなどで通知は来ませんので、ANA国際線予約サイトの予約確認画面をチェックする必要があります。

 

航空券が発券されると画面表示が変わります

発券前

f:id:kanamalu:20161009170806p:plain

発券後

f:id:kanamalu:20161009170816p:plain

 

航空券が発券されるので、eチケットお客さま控えがダウンロードできるようになるんですね。このボタンが表示されるようになったら発券されていますので、アップグレードすることができます。

 

ちなみに発券前にアップグレードしようとするとエラーになります。

f:id:kanamalu:20161009170916p:plain

 

アップグレード対象運賃

アップグレード対象運賃は、ちょっと高い航空券とイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。具体的には次の予約クラスが対象です。

旅程開始エリアプレミアムエコノミー・エコノミークラス
→ビジネスクラス
ビジネスクラス→ファーストクラス
日本地区旅程開始 G/E/Y/B/M/U クラス J/C/D/Z クラス
日本地区以外の旅程開始 G/E/Y/B/M/U/H クラス J/C/D/Z クラス

 

修行僧の方なら見覚えのある予約クラスがずらっと並んでいるかと思います。通常、日本国内が出発地となる航空券を買うことになりますので、エコノミー/プレミアムエコノミーからビジネスクラスへとアップグレードする場合、最低でもUクラス以上の航空券を用意する必要があります。

 

Uクラスはいわゆる変更可能運賃の中の一番安い運賃ですので、調べるときは エコノミー(変更可型) を指定しましょう。

f:id:kanamalu:20161009155157p:plain

 

Uクラスの値段を羽田〜シンガポールで調べてると、往復で161,560円です。

f:id:kanamalu:20161009154931p:plain

 

つまり、東京発シンガポール行きの往復航空券(Uクラス)を往復ともにビジネスクラスにアップグレードするには、約16万円 + 36,000マイル(or 16ポイント) が必要ということになります。

 

しかしこれでは、正規割引のビジネスクラス(Zクラス)と現金支出で7万円程度しか違いません。

 

もちろん貯まったマイルを消化して、現金支出をなるべく抑えたいのであれば有効ですが、ビジネスクラス修行としては貯まるマイルは区間マイルの70%でこれだけの支出となるのは得策ではないでしょう。

 

ビジネスクラス(Zクラス)であれば125%のマイル積算となるのですから、国内線との組み合わせによっては最初からビジネスクラスで予約したほうがオトクになることもあるでしょう。

 

その他にも、プレミアムエコノミー(Eクラス)で100%のマイル積算を選ぶこともできます。こちらは約18万円で購入できるので、UクラスよりはPP単価は良くなります。

 

お得なアップグレード対象運賃を購入する方法

これでは国際線アップグレード特典は使いづらく、あまりメリットのない特典と思われても仕方ないでしょう。プレミアムメンバーの方で毎年付与されるアップグレードポイントの使いみちに困り、結局年度末にANA SKYコインに交換されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし現在はお得にアップグレード対象運賃を購入することもできます。それが以前から紹介している海外旅作で発券するプレミアムエコノミークラスです。 

www.kanamalu.com

 

出発日やホテル、セールの有無によって若干価格差はありますが、最安期で成田発着便が往復88,000円程度というものもありました。現在だと、11万円前後が多いかと思います。これならば 約11万円 + 36,000マイル(or 16ポイント) でビジネスクラス往復が実現できます。

 

アップグレード特典の申し込み方法

さて実際にアップグレード特典を申し込んでみましょう。以下、アップグレード方法をご紹介します。

 

A. 一般的な申し込み

すべてのAMC会員は、この方法でANAマイルやアップグレードポイントを利用してアップグレードを行うことができます。すべてANAのウェブサイト上で完結します。

 

  1. ANAウェブサイトで国際線航空券の予約確認画面を開く

    f:id:kanamalu:20161009163517p:plain

  2.  アップグレードしたい旅程を選ぶ

  3. 旅程の右下に表示されている アップグレード申し込み をクリックする

    f:id:kanamalu:20161009163900p:plain

  4.  確認画面が出てくるので 申し込みへ をクリック

    f:id:kanamalu:20161009164104p:plain

  5.  アップグレードしたい便の右側にある アップグレード ボタンをクリック

    f:id:kanamalu:20161009164357p:plain

  6.  アップグレードに アップグレードポイントマイル どちらを利用するかを選択して、次へ進む

    f:id:kanamalu:20161009164927p:plain

  7.  内容に間違えがなければ規約に同意して 次へ をクリック

    f:id:kanamalu:20161009165228p:plain

以上の流れで、アップグレードを申し込むことができます。

 

B. ダイヤモンド会員の2倍ポイント利用の申し込み

ANAダイヤモンドステータスを保有する方は、規定のアップグレードポイント数の2倍のポイントを利用することで、アップグレード対象運賃以外の航空券でも座席クラスをアップグレードすることが可能です。

 

ANAのサイトから引用します。

国際線(ANAグループ運航便をANA便名で予約した場合のみ)にご搭乗の「ダイヤモンドサービス」メンバーのお客様は、当日空席があり、アップグレードの要件(上位クラスのお座席、お食事など)が整った場合に限り、アップグレードの対象とならない予約クラスでご購入の場合でも、2倍のアップグレードポイント※ご利用によって、アップグレードを承ります。なお、旅行開始エリアが日本となる旅程のHクラスのみ、通常の必要ポイント数でアップグレードを承ります。

※2倍のアップグレードポイントでのアップグレードは、メンバーご本人様のみご利用いただけます。特典利用者登録された2親等以内の方は、ご利用になれません。
お申し込み方法

  1. 必ずご搭乗前日までに、「ダイヤモンドサービス」メンバー専用デスクまでお電話にてお申し込みください(ANAウェブサイトではお申し込みいただけません)。
  2. ご搭乗当日、空港カウンターにてお申し込み結果をご確認ください。

 

この場合、通常のアップグレードとは異なりANAのWEBサイトでは申し込みをすることができません。必ず搭乗日前日までにダイヤモンドデスクの国際線担当へ電話で申し込む必要があります。

 

さらっと説明を読むとANA国内線の当日アップグレードに似ているように読めますが、必ず搭乗日前日までに申し込む必要があるので注意しましょう。

 

最終的にアップグレードができたかどうかは当日に空港カウンターにて確認する必要があります。ただし、実際のところ24時間前のオンラインチェックインでわかるのではないか?と思うのですが、まだ体験していないので真偽は不明です。

 

2倍アップグレード特典はあくまで当日空席がある場合にアップグレードされるので、申し込み時点ではアップグレードポイントの減算はありません。そのため搭乗日までに必要ポイント数を下回ってしまうと、当日空席があってもアップグレードに失敗してしまいます。

 

この方法を利用する場合、アップグレードポイントの利用は慎重に行いましょう。

 

翌年度付与予定のアップグレードポイント利用

ANAプレミアムメンバーの方で、来年度(4月〜翌3月)の予約をアップグレードする場合、来年度に付与される予定のアップグレードポイントを使って早々とアップグレードを申し込むことも可能です。

 

これはWEBサイトに記載はないものの公式ルールであるため、担当者の裁量で利用可否が決まるものではありません。稀にこのルールをご存じない担当者の方もいらっしゃるので、もし断られた場合は上長の方に確認してもらう、再度タイミングをみて電話を掛け直すなどした方が良いでしょう。

 

実際に2016年はこの方法で東京〜シンガポール路線の往復ビジネスクラスへのアップグレードで16ポイント、2017年は東京〜ニューヨーク往復ビジネスクラスへの2倍アップグレード申請で40ポイントの前倒し利用を行いました。

 

※当然ながら来年度のステータスが確定している必要がありますので、まだ解脱していない方は対象外となります。

 

 

空席は特典航空券は連動している

f:id:kanamalu:20161009161546p:plain

そしてもう一つ、この特典にはポイントがあります。

特典航空券と同様に、アップグレードできる座席数は限られています。

 

残念ながら、今回僕が申し込みをした時点では空席待ちとなっていました。既に他の人のアップグレード申し込みで枠が埋まっているということですね。

 

そしてこのアップグレード特典枠、実はANA国際線特典航空券の特典枠と共通なんです。通常、アップグレード特典枠が空いているかどうかは航空券を実際に購入してからアップグレード申し込みボタンを押すか、デスクに電話をして確認する必要があります。

 

ですがこのことを知っていれば、ANAのサイトで実際に予約したい日程で特典航空券のビジネスクラス、又はファーストクラスなどアップグレード後の予約クラスに空席があるかどうかを調べれば、一発で空席状況が把握できます。

f:id:kanamalu:20161009162104p:plain

例えばこちら、往路が11月9日(水)で復路が11月12日(土)のビジネスクラス特典航空券を検索した画面です。往路はどちらも空席待ちになっていますが、復路ではNH844のみ空席があるようです。

 

この場合、アップグレード特典の場合も往路は空席待ち、復路はNH844なら即アップグレード完了となるのです。

 

空席待ちは望みがある?

では残念ながら空席待ちとなってしまった場合、諦めたほうがいいのか?というところが気になりますよね。僕はとりあえず、有償航空券で同一日程を検索してみて搭乗日までの期間と空席状況から判断します。

 

もちろんANAではありませんので、絶対大丈夫!とも絶対ダメ!とも言えません。そこは経験と運でしょう。

 

ANAプラチナメンバーやダイヤモンドメンバーであれば、悩まず空席待ちを申し込んでしまいましょう。ある程度空席がある状況なら案外落ちてきますし、実際にアップグレードされるまではマイルやアップグレードポイントは減算されません。

 

空席待ちからアップグレードできるケースは、以前にアップグレードを申し込んだ方がアップグレードを取り消した場合や、航空券自体を変更・解約したことによる場合もあれば、ANA側の判断で特典枠が広げられた場合などが考えられます。

 

特に直前まで空席がたくさんある状態だと後者の可能性が高いのではないでしょうか。

 

空席待ちで座席が確保された場合

実際に東京〜シンガポール路線で往路のアップグレード空席待ちをしてみました。このときは空席待ち申し込みから3日後の深夜2時過ぎに座席確保のメールがANAから届きました。

いつもANAをご利用いただきありがとうございます。

上位クラスへのアップグレードが完了しましたのでご案内します。

■ANA予約番号
 ******

▽ご予約の確認
https://aswbe-i.ana.co.jp/international_asw/pages/servicing/reservation_confirm/login_search.xhtml?CONNECTION_KIND=JPN&LANG=ja&REC_LOC=******

■ご搭乗者名
 **** ****MR

■フライト
[1]10月**日(* ) NH845
 東京(成田) - シンガポール
 17:00発23:15着
 ビジネス / OK


■必要マイル数
 18,000マイル

■ご搭乗日当日のご案内
 ・添付の「EMDお客様控」は、空港カウンターにて提示が必要となる場合があります。印刷してお持ちください。

 

参考記事  

www.kanamalu.com

www.kanamalu.com