読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるとANAの旅事情

ANA上級会員に憧れて大学生時代にプラチナ&SFCホルダーに。現在はANAダイヤモンド修行中ですが、4年ほどプラチナ修行を継続している経験からみなさんの修行活動をアシストするお役立ち情報を発信していきます。

【夏季限定】ANAギャラクシーフライトで行くSFC修行のすべて

SFC修行 セール&キャンペーン
あとで読む

スポンサーリンク

みなさんは ANAギャラクシーフライト というものをご存知でしょうか?

 

ANAギャラクシーフライトとは、数年前からANAが夏季限定で運行している羽田〜那覇路線の深夜便の名称です。国内線では聞き慣れない深夜便という言葉ですが、夜間に目的地までの移動ができることが売りの一つのようです。

 

実際、このブログでも昨年「一晩にして5,720PPを単価7円で稼ぎ出す」という内容の記事を掲載しました。 

www.kanamalu.com

 

では、今年のギャラクシーフライト事情はどうなのか?

この記事では現在発表されているデータと昨年までの実績から、2017年のギャラクシーフライト修行について運賃、PP単価、注意点、そしておすすめの予約方法をすべてまとめました。

 

ANAギャラクシーフライトとは

f:id:kanamalu:20170131235533j:plain

ANA ギャラクシーフライトとは、ここ数年にわたってANAが夏季限定で運行する羽田〜那覇路線の深夜便の愛称です。もともと貨物便として運行していた深夜便に旅客を乗せる形で、収益性の向上と利用客の利便性向上のため始まりました。

 

僕自身はそのハードなフライトスケジュールと修行計画に沿わないことから今まで実際に利用する機会はありませんでしたが、うまく活用することでハイシーズンでもお仕事やご家庭への影響を最小限にしつつPP単価も良いという素晴らしい修行ルートになります。

 

とにかく国内線の予約が取れない、普段は忙しくて日中に時間を割けない、といった方はぜひこの期間限定フライトを活用しましょう。

 

羽田〜那覇路線の予約が取れない

f:id:kanamalu:20170201010902p:plain

昨年以上にこのギャラクシーフライトの重要性が増しているであろう要因は、PP単価が良く一度に多くのプレミアムポイントを獲得できる 羽田〜那覇 路線の プレミアム旅割28 が土日はおろか平日でさえ発売直後に完売してしまうことでしょう。

 

なぜならSFC修行僧全体を見渡すと、滞在日数に制限がなく日帰り修行が可能な国内線を利用する人が圧倒的に多く、国際線修行はあくまで補助的で、旅行などと兼ねている方が多いと思われるからです。

 

このブログでも毎月、プレミアム旅割28を利用した国内線修行のおすすめルートを紹介していますが、運賃の設定があっても実際には予約競争が激しかったり、上級会員による先行予約で発売時点で売り切れている...なんてことも起きています。

 

その点、ギャラクシーフライトは深夜便ですので上級会員が喜んで飛びつき満席になるというケースは比較的少ないのではないかと思います。

 

ANAギャラクシーフライトのスケジュール

f:id:kanamalu:20170201012516j:plain

ここまで深夜便と紹介してきましたが、実際はどんなスケジュールで羽田〜那覇を往復するのか確認しておきましょう。

フライトスケジュール
 出発到着
往路(NH999便) 羽田 22:55 那覇 翌01:35
≪乗り継ぎ≫ 2時間
復路(NH1000便) 那覇 03:35 羽田 05:55
運行スケジュール
運行期間 2017年7月14日(金) 〜 2017年8月31日(木)
※那覇発は7月15日(土)から
※一部運行がない日程もあります。下記カレンダーをご確認ください。
運休日

運行開始日と運行終了日を除くと、原則として日曜日羽田発・月曜日那覇発のフライトが毎週運休となっています。以下、わかりやすくスケジュール表を作成しました。

■2017年7月

f:id:kanamalu:20170201020616p:plain

■2017年8月

f:id:kanamalu:20170201020631p:plain

■PDF版データのダウンロード

 

ANAギャラクシーフライトの運賃

ギャラクシーフライトは通常のフライトと同様に普通席とプレミアムクラスの2クラス制です。そのため販売される座席も普通席とプレミアムクラスの2種類が用意されています。

 

普通席の運賃

f:id:kanamalu:20170201024845j:plain

普通席の販売では、他のフライトと同様に旅割、特割、株主優待運賃など特段の制限なく各種運賃を購入することができます。

 

そして、先日1月24日(火)から発売開始された2017年3月26日〜10月28日搭乗分の旅割(旅割21〜旅割75)を利用することで、今からギャラクシーフライトを予約することができます。

f:id:kanamalu:20170201021645p:plain

 

※現在購入できる運賃は、旅割21〜旅割75のみです。これは旅割を除くすべての運賃で航空券の予約開始日時が 搭乗2ヵ月前の同一日午前9:30 であるためです。以下、ANAサイトから引用です。

予約および航空券の販売は、ANAウェブサイト、ANA国内線空港カウンター・予約案内センター・当社指定旅行会社にて搭乗2ヵ月前の同一日9:30から受け付けいたします。割引運賃を利用する場合など、開始日・時間が異なることがあります(「特割1」「特割3」「旅割21」「旅割28」「旅割45」「旅割55」「旅割75」の予約・販売開始日は「旅割」「特割」の予約についてを、「旅割X」の予約・販売開始日は「旅割Xについて」をご確認ください)。

航空券・ANAeチケットについて|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

 

つまり、旅割ならすべての日程で予約をいれることができ、旅割以外なら一般販売が開始される日付まで待つ必要があります。例えば、初便である7月14日(金) NH999便 を予約するためには、2017年5月14日(日)午前9:30まで待つ必要があります。

 

ただしANA国内線をより早く予約するための裏技を利用することで、2ヶ月+14日前から予約することもできます。この場合は、2017年4月30日(日)午前9:30が予約開始日時になります。

www.kanamalu.com

 

普通席のPP単価

f:id:kanamalu:20170201023549p:plain

獲得プレミアムポイント 片道: 1,476PP
往復: 2,952PP
運賃(7月) 片道: 9,980円
往復: 19,960円〜(諸税込・旅割75N)
運賃(8月) 片道: 12,190円
往復: 24,380円〜(諸税込・旅割75N)
PP単価 7月: 6.76円/PP〜
8月: 8.26円/PP〜

 

プレミアムクラス

f:id:kanamalu:20161121013443j:plain

プレミアムクラスの販売では、他のフライトと同様にプレミアム旅割28、プレミアム特割、プレミアム株主優待運賃など特段の制限なく各種運賃を購入することができます。

 

ただし普通席と異なり、2ヶ月+14日以上先の旅割の販売はありません。普通席の旅割とプレミアムクラスのプレミアム旅割28では、同じ旅割でも運賃規則や販売時期に明確な違いがあるので注意しましょう。

 

裏技を利用して購入する場合でも7月14日(金)の初便を予約するには4月30日(日)午前9:30まで待つ必要があります。 

www.kanamalu.com

 

★ANAダイヤモンドメンバーの方へ

ダイヤモンドメンバーの方は、裏技を利用しなくても裏技より3時間早く予約をすることができます。ダイヤモンドデスク国内線担当へと電話で申し込みましょう。デスクは06:30から営業しています。以下、ANAサイトから引用です。

日本国内線のご予約希望を、通常のご予約開始日(ご搭乗日の2カ月前)よりも2週間早くお預かりします。ご予約の確定は、ご搭乗日の2カ月前からです。一般のご予約に先がけ、ハイシーズンもゆとりを持ってご予約いただけます。ご同行者様もご利用いただけるサービスです。

予約窓口 プレミアムメンバー専用デスクのみ
ANAウェブサイト、旅行会社などでは、ご予約いただけません。
プレミアムメンバー専用デスクについて
受付開始日時 往路、復路それぞれ通常のご予約開始日(ご搭乗日の2カ月前)より2週間前の6:30から受付開始
予約内容確認方法 ANAウェブサイトの会員専用ページ、プレミアムメンバー専用デスクにて、ご搭乗日の2カ月前からご確認いただけます。

サービス詳細|ご予約を優先して|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

プレミアムクラスのPP単価

f:id:kanamalu:20170201031808p:plain

獲得プレミアムポイント 片道: 2,860PP
往復: 5,720PP
運賃(2017年) 片道: 不明
往復: 不明(まだ運賃の届出がありません)
運賃(2016年)※昨年データ 片道: 18,900円〜21,400円(抜粋)
往復: 40,300円〜(プレミアム旅割28)
PP単価 7.05円/PP〜

プレミアムクラスの場合、主にプレミアム旅割28を利用することになるかと思います。

 

2017年のギャラクシーフライトが運行される7月14日(金)以降のプレミアム旅割28の運賃についてですが、これは航空券が発売開始される約2ヶ月半〜3ヶ月前に発表されるため、いま現在プレミアムクラスの運賃を把握することはできません。

 

ですが、昨年のデータから推測することは可能です。こちらは、実際に昨年の7月に運行されたギャラクシーフライトを含む、すべての羽田〜那覇便のプレミアム旅割28運賃が記載されている資料です。

f:id:kanamalu:20160502223925p:plain

赤枠で囲った部分が、ギャラクシーフライトのNH999便とNH1000便です。NH999便の最安値が21,400円でNH1000便の最安値が18,900円と書かれています。

 

他の日中便と比べると5,000円〜9,000円程度も安く、またローシーズンのプレミアム旅割28と比べても3,000円〜5,000円も安くなります。

 

つまり、プレミアムクラスを利用した場合は普段より安い上にハードスケジュールなため競争相手が普段より少ないという、最高の条件が整っています。

 

当日アップグレードのPP単価

獲得プレミアムポイント 片道: 2,460PP
往復: 4,920PP
運賃(7月) 片道: 9,980円 + 9,000円(当日)
往復: 37,960円〜(諸税込・旅割75N)
運賃(8月) 片道: 12,190円 + 9,000円(当日)
往復: 42,380円〜(諸税込・旅割75N)
PP単価 7月: 7.72円/PP〜
8月: 8.61円/PP〜

普通席(旅割)を予約後、搭乗日当日にプレミアムクラスに空席がある場合は座席をアップグレードすることができます。このとき、獲得できるプレミアムポイントやマイルは予約済みの運賃の積算率に +50% が加算されます。

 

そのため旅割など75%積算の運賃を利用した場合は、当日アップグレードすると125%積算となります。ただしプレミアム旅割28などとは異なり、搭乗ポイントは加算されません。

当日アップグレードとは、ANA国内線の普通席を上位クラスである「プレミアムクラス」へとアップグレードすることを指します。

  • すべての運賃種別からアップグレードすることが可能
  • アップグレード費用は距離に関わらず1区間9,000円(税込)
  • 空港カウンターでの支払いは現金、クレジットカードが利用可能
  • 空席がある場合は機内でも可能(ただし現金のみ)
  • アップグレードポイントを利用した場合は、獲得マイル/プレミアムポイント数は増えないので注意

 

旅割の運賃規則(基本データ) 

f:id:kanamalu:20170201030311p:plain

この記事で紹介する普通席の旅割、プレミアムクラスのプレミアム旅割28について、簡単に補足説明します。旅割は春と秋の1年に2度発売され、それぞれ約半年先までのフライトが予約できるようになっています。

 

旅割は運賃が安いため、予約変更や払い戻しなどに制約があります。予約する前には一通り確認しておきましょう。

各種旅割の運賃規則
  普通席 プレミアムクラス
予約期限 発売開始日から
旅割75 → 搭乗75日前まで
旅割55 → 搭乗55日前まで
旅割45 → 搭乗45日前まで
旅割28 → 搭乗28日前まで
旅割21 → 搭乗21日前まで
旅割X → タイムセール期間中
プレミアム旅割28 →
発売開始日から搭乗28日前まで
予約変更 不可
支払期限 ご予約日を含め2日以内
※旅割Xのみ当日

 

ANAギャラクシーフライトの注意点

魅力的に思えるANAギャラクシーフライトですが、通常のフライトとは異なり深夜便となるため気をつけるべき点がいくつかあります。ANAサイトでも紹介されていますが、こちらでも触れておきます。

 

搭乗手続きの注意点

f:id:kanamalu:20170201050156p:plain

ギャラクシーフライトでは通常のフライトと同様にSkipサービスが利用できます。また自動チェックイン機やチェックインカウンターでのチェックインも可能です。

 

ただしそれぞれの空港で深夜便ならではの注意事項があります。以下、ANAサイトから引用です。

羽田空港(東京)
・スキップサービスおよび空港内自動チェックイン機の利用も可能です。
・20:50以降は保安検査場Aのみのご利用となります。
・出発時刻15分前までに保安検査場をご通過ください。

 

那覇空港(沖縄)
※NH1000便の那覇空港での搭乗手続きおよび保安検査場の通過は搭乗日の2:00より承ります。
・スキップサービスおよび空港内自動チェックイン機の利用も可能です。
・出発時刻15分前までに保安検査場をご通過ください。
・保安検査場は出発口Bのみのご利用となります。

 

乗り継ぎの注意点

羽田発 NH999便にご搭乗の場合

f:id:kanamalu:20170201050840p:plain

・国際線、国内線からNH999便へ接続する、他空港からの乗り継ぎ(スルー)チェックインは可能です。
・沖縄空港から先の乗り継ぎ(スルー)チェックインはご利用いただけません。
ただし、羽田空港の乗り継ぎ施設は20:00以降ご利用いただけません。20:00以降に羽田空港へ到着する便からNH999便へお乗り継ぎのお客様は、一旦到着ロビーを出てから出発ロビーにお進みになり、出発保安検査場を通過のうえ搭乗口までお進みください。

 

沖縄発 NH1000便にご搭乗の場合

f:id:kanamalu:20170201050738g:plain

・前日に国内線からNH1000便へ接続する、他空港からの乗り継ぎ(スルー)チェックインはご利用いただけません。
・羽田空港から先の国内線への乗り継ぎ(スルー)チェックインは可能です。国際線への乗り継ぎがある場合は、羽田空港到着後に 再度国際線ターミナルにてお手続きが必要となります。
ただし、羽田空港の乗り継ぎ施設はご利用いただけません。
一旦到着ロビーを出てから出発ロビーにお進みになり、出発保安検査場を通過のうえ搭乗口までお進みください。

 

プレミアムクラス利用時の注意点

f:id:kanamalu:20170201051213j:plain

ギャラクシーフライトのプレミアムクラスは羽田を深夜22時過ぎに出発し、那覇を深夜03時過ぎに出発します。プレミアムクラスで提供されるサービスはどうなるの?と不安になりますが、思ったよりもしっかりとしたサービスが提供されるようです。

 

どちらのフライトでもそれぞれ夕食、朝食の提供があります。写真はギャラクシーフライトではありませんが、プレミアムクラスで提供される食事の一例です。

f:id:kanamalu:20170201051537j:plain

 

羽田空港(東京)
・プレミアムクラスを販売いたします。
・プレミアムクラスでは夕食をご用意しております。
・ANA MY CHOICEでのプレミアムクラスのお食事の事前予約ならびに販売をいたします。
※事前に申し込みできる数量には限りがあります。
・ANA PREMIUM CHECK-INカウンター、ANA SUITE CHECK-INカウンターは21:00までご利用いただけます。
・ANA LOUNGE(本館北)を一部のエリア限定でご利用いただけます。
※ANA LOUNGE(本館南)は21:00まで、ANA SUITE LOUNGEは21:20までご利用いただけます。

 

那覇空港(沖縄)
・プレミアムクラスを販売いたします。
・プレミアムクラスでは朝食をご用意しております。
・ANA プレミアムチェックインカウンター、ANA SUITE LOUNGEならびにANA LOUNGEはオープンいたしません。

 

那覇到着後の交通手段

ANAのサイトにある通り、那覇空港到着後はゆいレール(モノレール)をはじめとする公共交通機関は運行されていません。予めホテルを予約しておきタクシーで移動するか、朝方まで1Fの到着ロビーで過ごす必要があります。

・NH999便にて沖縄(那覇)空港到着後、公共交通機関の運航はございません。
※沖縄(那覇)空港に宿泊施設はございませんが、1階到着ロビーは終日ご利用いただけます。

 

折り返し便で羽田に帰る場合

エクストリーム修行僧であれば、到着した2時間後に出発する折り返し便に乗る方もいらっしゃっいますよね。この場合、次のフライトまでどこに居ればいいのでしょうか。

 

ANAダイヤモンドデスクに確認を行いました。

NH999便で那覇空港に到着し、折り返すNH1000便に搭乗する場合でも制限区域内に滞在することはできません

 

理由は次の2点です。

  • ANAの乗継(スルー)チェックインが同日の国内線フライトでしか利用できない
  • NH1000便のチェックインは午前2時から受付

 

日中便の場合は乗り継ぎデスクでチケットを発券してもらうことで、制限区域内に滞在して、再度保安検査場を通ることなく折り返し便に搭乗することができますが、日付をまたぐNH999便は対象外になります。

 

またNH1000便(那覇〜羽田)のチェックイン時刻は午前2時からと決まっており、NH999便の到着から約30分空白の時間があります。そのため、一旦出口から出たら1Fロビーで待機する必要があります。

 

また当然のことながら売店等は営業していないようですので、暇つぶしができる・食事ができる場所はありません。特に食事の出ない普通席でのフライトを予定される方は、念のためおにぎりやペッドボトルなどをカバンに忍ばせておくといいでしょう。

 

到着後の那覇空港では売店の営業がありません。おにぎりやペッドボトルなどをカバンに忍ばせておくといいでしょう。

国内線ではペットボトルの飲み物などを持ち込むことができます。保安検査場でカバンから取り出し、検査官に渡しましょう。

 

実際に搭乗した方のレポート

昨年の夏、実際にもにもにたさんがギャラクシーフライトに搭乗されています。「しんどかった」という感想をお書きになられていて、やはり大変体力を消耗するフライトであることは間違いないようです笑 

monimonita333.hatenablog.com

 

僕も今年はネタのために飛ぶかもしれません笑

 

おすすめの予約方法は?

さて、ここまでANAギャラクシーフライトについて説明してきました。

 

では実際に予約するにあたり、どのように手配するのが良いのでしょうか?

オススメの予約、発券方法をまとめましたので是非トライしてみましょう。

 

おすすめ予約方法の概要

ギャラクシーフライトを利用して修行をお考えの方は、いま普通席で予約をして当日そのまま普通席で修行を行うか、当日アップグレードを利用してプレミアムクラスに変更するかのどちらかになります。

 

これは現在予約できる座席クラスが普通席のみだからです。

 

ですが、当日アップグレードは事前にプレミアムクラスが満席になれば利用できませんし、競争倍率も多いことでしょう。できることなら事前にプレミアムクラスを確保しておきたいですよね。

 

そこで次の手順で予約することをおすすめします。

  1. ギャラクシーフライト普通席を旅割で予約する
  2. 搭乗日2ヶ月+14日前にプレミアム旅割28を予約する
  3. 予約確保できた時点で普通席を解約する

 

おすすめ予約スケジュール

f:id:kanamalu:20170201042832p:plain

1〜3のそれぞれの手続きを、所定の期限までに行うことでリスクを負わずにプレミアムクラスの予約を狙うことができます。

 

基本的には上図を見ていただければ一目瞭然ですが、それぞれの期限と必要な費用を表形式でまとめました。

各種手続き期限
1. 普通席(旅割)の予約 各種旅割の購入期限まで
→購入期限は旅割の運賃規則を要確認
→可能なら最安の旅割75が購入できる、搭乗日75日前までの予約が好ましい
2. プレミアムクラスの予約 搭乗日の2ヶ月+14日前 〜 55日前まで(28日前まで)
→運賃規則としては28日前までですが、55日前までの予約して普通席を解約するべき(理由は3.普通席の解約を参照)
→競争率が高いため、可能なら2ヶ月+14日前に予約が好ましい
3. 普通席(旅割)の解約 搭乗日の55日前まで
→P旅割28予約開始日から旅割の解約にかかる取消料が無料である搭乗日55日前までの間まで約20日間の猶予があるので、その間にプレミアムクラスの座席を確保して解約する

 

必要な予算・費用
1. 普通席(旅割)の予約 各種旅割の購入費用
→旅割75なら片道9,980円から
2. プレミアムクラスの予約 プレミアム旅割28の購入費用
→昨年データだと約2万円前後から
3. 普通席(旅割)の解約 普通席の解約に必要な料金
→払戻手数料: 430円/1区間(片道)
        860円/2区間(往復)

→取消手数料: 無料(55日前まで)

 

上記手順にて予約を進めることで、一旦普通席をおさえておき、プレミアムクラスがうまく予約できるようなら860円の払戻手数料を支払って普通席から変更することができます。

 

これにより、修行のためにせっかく押さえた日程を無駄にすることなく(リスクを取らずに)普通席、プレミアムクラスの両方を狙うことができます。

 

PP単価は大きく変わらないので、どうせならプレミアムクラスのサービスを享受でき、獲得できるプレミアムポイント数の多いプレミアムクラスで那覇まで飛びたいですよね。

 

2017年のギャラクシーフライトを考えている方は、ぜひこの方法を実践してみましょう。

 

便利なツールのご紹介

今回ご紹介した予約手段では、●●日前というような日数計算が非常に重要な鍵を握ります。指で数えてもいいですが、間違えがないように日数計算のできるサイトを利用した方が賢明でしょう。

 

下記ウェブサイトが日数計算をしてくれますので、ぜひ利用しましょう。

www.xn--kdv0jr88crgn.com

 

★ANAダイヤモンドメンバーの方へ

ANAダイヤモンドメンバーの方が利用できる国内線先行予約が、実際には何日から予約できるのかを確認するには、ANA公式サイトにも計算機能が備わっています。

 

実際のところ、ANAの規則では予約開始日が搭乗日2ヶ月前の同一日の9:30となっていて、例えば31日など2ヶ月前に該当する日がないこともあります。このような例外処理が他社サイトではできません。

 

そのため 2ヶ月前+14日前 に関しては、ANA公式サイトを利用する方が間違えはないでしょう。

f:id:kanamalu:20170201053712p:plain

サービス詳細|ご予約を優先して|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

なお例外処理の方針についてはANAサイトを確認しましょう。f:id:kanamalu:20170201054122p:plain

航空券・ANAeチケットについて|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

 

まとめ

この記事では、ANAギャラクシーフライトを利用したSFC修行について様々な情報をまとめてみました。

 

せっかくANAが提供してくれる数少ないお得な運賃、フライトですから有効に活用していきましょう。まだプレミアムクラスの予約開始までは日が遠いですので、夏の予定や1年間を通してどの時期にどのくらいプレミアムポイントを稼ぐのかよく計画を立て、うまく組み入れていきましょう♪