まるとANAの旅事情

ANA上級会員に憧れて大学生時代にプラチナ&SFCホルダーに。みなさんの修行活動をアシストするお役立ち情報を発信していきます。

SFC修行におすすめな土日完結SINタッチ!最短0泊も選べる6プラン

あとで読む

スポンサーリンク

この記事ではSFC修行僧向け、ANA国際線プレミアムエコノミークラスを利用したSINタッチをベースに、全部で6つの修行プランを紹介します。特に土日2日間でOKA-SINタッチを実現する方法はマストバイです!

 

下記記事で触れているSFC修行国際線SINタッチと基本は同じですが、2017年4月以降に登場する新運賃を活用することで現在難しいとされる最短0泊SINタッチプランを実現します。

www.kanamalu.com

 

実際にこの運賃で2017年6月にシンガポールに行ってきます!

www.kanamalu.com

 

詳細は以下をご覧ください。

本修行プランの概要

f:id:kanamalu:20161212234810p:plain

まず最初に本プランのどれを実行しても搭乗便が異なるだけで、獲得マイル数や獲得プレミアムポイント数は同じです。最初に東京〜シンガポールで獲得できるSFC修行の成果をおさらいしておきましょう。

 

今回紹介するプランは主に2つ。

① 土日のみで行う東京〜シンガポール往復のみのシンプルSINタッチ。

② ①の前後に東京〜那覇フライトを付け加えたガッツリSINタッチプラン。

 

どちらも土日のみで完結することが可能です。

 

獲得マイル&プレミアムポイント

本修行ではプレミアムエコノミー運賃(E)を利用します。マイレージ積算率100%、搭乗ポイント400P加算です。獲得PPと獲得マイルは下記の通り。

①シンプルSINタッチ(TYO - SIN)
獲得プレミアムポイント 10,736PP
獲得プレミアムポイント単価(PP単価) 9.22円/PP ※1
獲得マイル ~SFC修行中~
【ANAゴールドカード保有】
8,280マイル
獲得マイル ~SFC修行中~
【ANAゴールドカード・BRZ事前】
9,604マイル
獲得マイル ~SFC修行翌年~
【ANAゴールドカード・PLT事前/1年目】
12,916マイル
獲得マイル ~SFC+DIA修行翌年~
【ANAゴールドカード・DIA事前/1年目】
14,572マイル
②ガッツリSINタッチ(OKA - TYO - SIN)
獲得プレミアムポイント 14,672PP ※2
獲得プレミアムポイント単価(PP単価) 7.43円/PP ※1
獲得マイル ~SFC修行中~
【ANAゴールドカード保有】
10,740マイル
獲得マイル ~SFC修行中~
【ANAゴールドカード・BRZ事前】
12,456マイル
獲得マイル ~SFC修行翌年~
【ANAゴールドカード・PLT事前/1年目】
16,752マイル
獲得マイル ~SFC+DIA修行翌年~
【ANAゴールドカード・DIA事前/1年目】
18,900マイル

※1 プレミアムポイント単価の計算に諸税は含まれていません。
※2 那覇在住以外の方が那覇まで向かうフライトは含まれていません。

 

獲得できるプレミアムポイントとマイルを確認したところで、続いてどんなスケジュールでSINタッチを行うのか、①②にわけて紹介します。 

シンプルSINタッチ(東京〜シンガポール)

f:id:kanamalu:20161212232817j:plain©Marina Bay Sands

まずはシンプルSINタッチプランから。滞在時間を長めにとることも、短めにとることも可能。ご自分の予定にあわせて選ぶのが良いでしょう。土日で完結させる場合、滞在時間は約6時間〜約28時間まで選択肢があります。エクストリーム修行をご所望の方や、お時間のない方は0泊も可能です。

 

① 現地0泊 超特急プランA 〜サタデーナイトはシンガポールナイト〜
日付 出発空港 / 出発時刻 到着空港 / 到着時刻 獲得マイル / 獲得PP
土曜日 羽田 / 10:45 シンガポール / 17:30 4,140マイル / 5,368PP
<現地滞在 約7時間>
日曜日 シンガポール / 00:35 成田 / 08:25 4,140マイル / 5,368PP

このプランは往路で羽田日中便、復路で成田深夜便を利用します。東京以外の地域の方で金曜日の夜に東京に向かえない場合、土曜日の早朝便で羽田空港に到着すれば利用することが可能です。また復路は成田着になりますが、午前9時前には帰国できますので安心して拠点空港へ戻ることも可能です。滞在時間はなんと7時間!シンガポールは小さい都市国家なので主要観光地を巡るくらいなら問題ありません。

 

② 現地0泊 超特急プランB 〜オールナイトでチャンギ空港堪能し放題〜
日付 出発空港 / 出発時刻 到着空港 / 到着時刻 獲得マイル / 獲得PP
土曜日 成田 / 18:05 シンガポール / 00:40 4,140マイル / 5,368PP
<現地滞在 約6時間>
日曜日 シンガポール / 06:30 成田 / 14:20 4,140マイル / 5,368PP

このプランは往路で成田夕方便、復路で成田早朝便を利用します。土曜日の日中に予定がある方など、土曜日の夕方からしか時間が取れない場合は有効です。なおシンガポール滞在時間は6時間と全プランの中で最短ですが、時間帯が深夜のためクラークキーなど眠らない街で一夜を過ごすか、チャンギ空港から出ずに空港施設をエンジョイするかのどちらかになります。あまり初心者向けとは言えませんので、玄人(変態さん)向けです笑

 

③ 現地0泊 じっくり観光プランA 〜僕のオフトゥンはエアプレーン〜
日付 出発空港 / 出発時刻 到着空港 / 到着時刻 獲得マイル / 獲得PP
土曜日 羽田 / 00:10 シンガポール / 06:35 4,140マイル / 5,368PP
<現地滞在 約18時間>
日曜日 シンガポール / 00:35 成田 / 08:25 4,140マイル / 5,368PP

このプランは往復ともに深夜便を利用します。金曜日の仕事終わりに羽田空港から直接出発することができ、なおかつ到着日翌日の深夜便で日本に帰るため現地宿泊が不要なプランです。シンガポール滞在を楽しむ時間的余裕を確保しつつ、海外修行でかさみがちなホテル代を浮かすことが可能です。日中も楽しめる比較的まともなプランです。

 

④ 現地1泊 じっくり観光プランB 〜40時間滞在でシンガポールマスターに〜
日付 出発空港 / 出発時刻 到着空港 / 到着時刻 獲得マイル / 獲得PP
土曜日 羽田 / 00:10 シンガポール / 06:35 4,140マイル / 5,368PP
<現地滞在 約40時間> 1泊@シンガポール
日曜日 シンガポール / 22:20 羽田 / 翌06:00 4,140マイル / 5,368PP

このプランは往復ともに深夜便を利用します。金曜日の深夜に日本を出発して月曜日の早朝に日本へと戻ってきます。仕事に影響を出さずに土日をフルにシンガポールで滞在でき、せっかく海外に行くのだからじっくりと観光したい方にはオススメのプランです。滞在時間は約40時間で現地1泊が必要になります。リッチに過ごされたい方はマリーナベイサンズに1泊して優雅にするもよし、観光したい方はお手頃な宿に泊まって1日中アクティブに過ごすもよし!時間がたくさんありますので、自由度の高い旅行に転用可能です。

 

ガッツリSINタッチ(那覇〜東京〜シンガポール)

f:id:kanamalu:20161222142526p:plain

続いてガッツリSINタッチプランでは、東京〜シンガポール単純往復の前後に東京〜那覇を1往復つけて行います。今回利用する運賃では東京〜那覇の片道を国際線の前後につけた場合でもたったの+1万円の追加運賃となり、PP単価をぐっと抑える効果があります。どうせなら一気にたくさんのプレミアムポイントを稼いでしまいたい方は必見です!

 

⑤ 現地0泊那覇0泊 "土日"の2日間で行うエクストリームSINタッチ
日付 出発空港 / 出発時刻 到着空港 / 到着時刻 獲得マイル / 獲得PP
土曜日 羽田 / 09:10 那覇 / 11:55 (別途予約)
那覇 / 12:20 成田 / 15:00 2,460マイル / 1,968PP
成田 / 17:00 シンガポール / 23:15 4,140マイル / 5,368PP
<現地滞在 約7時間>
日曜日 シンガポール / 06:00 成田 / 14:10 4,140マイル / 5,368PP
羽田 / 17:15 那覇 / 19:55 2,460マイル / 1,968PP
那覇 / 20:40 羽田 / 23:00 (別途予約)

このプランは土日の2日間を使って東京〜那覇2往復と東京〜シンガポールを制覇する超特急なエクストリーム修行プランです。東京在住の方でも、土曜日の朝から活動することで日曜日の23時には羽田空港へと戻って来ることが可能です。

 

2017年3月までは国際線ダイヤの都合で土日完結はどうしても難しかったですが、ダイヤ変更のタイミングで土日完結が実現しました。

 

⑥ 現地0泊那覇0泊 "金土日"の2日間+αで行うエクストリームSINタッチ
日付 出発空港 / 出発時刻 到着空港 / 到着時刻 獲得マイル / 獲得PP
金曜日 羽田 / 17:15 那覇 / 20:05 (別途予約)
那覇 / 20:40 羽田 / 23:00 2,460マイル / 1,968PP
土曜日 羽田 / 00:15 シンガポール / 06:30 4,140マイル / 5,368PP
<現地滞在 約18時間>
日曜日 シンガポール / 00:35 成田 / 08:45 4,140マイル / 5,368PP
羽田 / 13:15 那覇 / 15:55 2,460マイル / 1,968PP
那覇 / 17:00 羽田 / 19:10 (別途予約)

このプランは金夕方+土日の3日間を使って東京〜那覇2往復と東京〜シンガポールを制覇する超特急なエクストリーム修行プランその2です。

 

こちらはプラン⑤と異なり、現地滞在時間を伸ばしてシンガポールを観光することができるプランです。せっかくの海外遠征ですから、観光もしたいですよね。そんなときはこちらのプランがおすすめです。ただし金曜日をお休みする必要があります。

 

本修行プランの特徴

この記事で紹介するSFC修行プランは、期間限定運賃を利用するため実施できる期間も限られています。本プランで利用する運賃は下記の通りです。

利用する運賃について

運賃名 プレミアムエコノミー
対象購入期間 特に定めなし
(ただし2017年4月1日以降のフライトから販売)
対象出発日
予約クラス プレミアムエコノミークラス Super Value Plus(E)
運賃額 東京/大阪/名古屋発 111,000円
その他国内都市 121,000円
運賃規則(抜粋) 滞在期間:1日以上最長14日まで、かつ土曜日の滞在を含む
予約期限:ご予約完了後24時間以内 かつ 日本出発の28日前の23時59分まで
支払期限:予約と同時
乗り換え:日本国内で往路・復路1回可(ANA便に限る)
途中降機:不可
予約変更:不可
払い戻し:不可

運賃規則|ANA国際線

 

出発曜日の制限はありませんが土曜日滞在が必須のため、修行なら土日で完結するのがベストです。ただし旅行などで少し長い期間を設定される場合は、土曜日滞在を含めることを忘れないようにしましょう。

 

プレミアムエコノミー運賃のメリット

f:id:kanamalu:20161213000932p:plain

本修行プラン最大のメリットの1つに、プレミアムエコノミー運賃によるエコノミークラスとは異なるプレミアムなサービスの提供・座席のグレードアップが挙げられます。

 

一般のエコノミークラスと異なる点は主に次の4点。

  • プレミアムエコノミー専用優先チェックインカウンター
  • 手荷物優先タグ
  • 空港ラウンジ利用権
  • ビジネスクラスのデザート・飲み物・軽食のグレードアップ

 

SFC修行を始めたばかりの方はANAのステータスを持っていないため、プレミアムエコノミーを利用すると優先チェックインカウンターやANA LOUNGEが利用できるのは便利ではないでしょうか?エコノミークラスの長蛇の列や自動発券機に並ぶ必要はありません。

 

空港ラウンジの利用について 

ラウンジ利用ですが、国際線チケットに含まれる国内線の出発空港ではANA LOUNGEを利用することができます。例えば、大阪伊丹空港から羽田空港を経由してシンガポールに向かう場合、残念ながら伊丹空港ではラウンジを利用できませんが国際線出発地である羽田空港では国際線ANA LOUNGEが利用できます。

 

また嬉しいことにシンガポールのチャンギ空港ではSATSのpremier loungeに入室することができます。これはPriority Passでもはいれるラウンジですが、Priority Pass未保有者にとっては大きな違いです。

 

日本 国内線(地方空港) → 利用不可
日本 国際線(羽田/成田空港) → ANA LOUNGE
シンガポール チャンギ空港 → SATS premier lounge

 

そして機内ではエコノミークラスの食事に加えて、お蕎麦やうどんなど路線ごとに異なる軽食サービスを受けることが可能です。スパークリングワインなどエコノミークラスにはないドリンクもサービスされ、食後にはビジネスクラスと同じデザートもいただけます。

参考情報 (ANAサイトから)
スパークリングワイン
・スープ*
・ミニそば(メキシコ・北米・アジア・オセアニア路線)*
・ミニラーメン(ヨーロッパ路線)*
・ミニうどん(アジア路線)*
・ご搭乗便のビジネスクラスのシャンパン、ワイン、日本酒、梅酒、焼酎(水割り・ロック)、デザート*
*1食目のサービス終了後から2食目のサービス開始前までの時間にお召し上がりいただけます。

また注意点もあります。

注意点:
ANAの深夜便(NH843・羽田深夜発)はフルサービスではないため、プレエコは朝食のみ、ビジネスクラスでは朝食とサイドメニューの提供のみになります。この便ではビジネス・プレエコ共にデザートの提供はありません。

 

プレミアムエコノミー座席のメリット

f:id:kanamalu:20161101152232j:plain

さて、いつもよりちょっとプレミアムな対応をしてもらえるプレミアムエコノミークラスですが、なんといっても外せない最大のメリットは座席やシートッピッチの大型化。

  エコノミークラス プレミアムエコノミークラス
シートッピッチ 86cm (B787-9/B777-300ER)
79cm (B787-8)
97cm
座席幅 46cm (推定) 49cm
シートテレビ 9インチ 11インチ (B787-9)
10.6インチ (B787-8/B777-300ER)
座席幅 46cm (推定) 49cm

エコノミークラスと比較すると各所が大きく、快適な座席であることがわかります。シンガポール路線は6時間〜7時間程度のフライトですのでそこそこ疲れてしまいますが、プレミアムエコノミーなら現地で遊ぶ体力を残すことができます。

 

シート電源もあるのでPCを開いたり、スマートフォンの充電などができます。トイレなど頻繁に席を立つことが多い方は、なるべく通路側席または最前列を座席指定するといいでしょう。

 

ビジネスクラスへのアップグレードが可能

f:id:kanamalu:20161213003825p:plain

今回紹介しているプレミアムエコノミー運賃はアップグレード対象運賃のため、ANAマイルやANAアップグレードポイントを利用してビジネスクラスへのアップグレードが可能です。ANAマイルに余裕がある方や前年度SFC修行・ダイヤモンド修行を解脱されている方はお手頃価格でビジネスクラスを体験することが可能です。

  アップグレードポイント マイル
アップグレードに必要な
ポイント/マイル(片道)
8ポイント 18,000マイル

 

シンガポール路線で採用されているB787-8、B787-9、B777-300ERはいずれもANA BUSINESS STAGGEREDを採用しており、フルフラットシートで快適にシンガポールまでの旅を楽しむことができます。

 

なおビジネスクラスにアップグレードできた場合、利用できるラウンジにも違いがあります。プレミアムエコノミー運賃で利用できるのはここに書いたとおりですが、ビジネスクラス利用の場合は、

 

日本 国内線(地方空港) → ANA LOUNGE他(PYはなし)
日本 国際線(羽田/成田空港) → ANA LOUNGE
シンガポール チャンギ空港 → シルバークリスラウンジ(PYは空港ラウンジ)

となります。

 

例えば往路(伊丹→羽田→シンガポール)をビジネスクラスにアップグレードすると、伊丹空港のANA LOUNGEにはいることができ、復路(シンガポール→羽田→伊丹)をアップグレードすると、シンガポールでは空港ラウンジであるSATS premier loungeではなくシンガポール航空が所有しビジネスクラス客だけに開放している航空会社ラウンジに入ることができます。

 

特に復路が22時発の羽田行き、0時発の成田行きなど深夜便の場合はビジネスクラスにアップグレードするメリットは大きいですね。

 

ANA国際線アップグレード特典を利用してビジネスクラスにアップグレードを検討される方はこちらの記事で詳細を説明しています。

www.kanamalu.com

 

ビジネスクラスなどで提供される食事、ドリンクがどんなものかはANAのサイトから確認することができます。自分のフライトでどんなものが出るのか確認しておきましょう♪ 

www.kanamalu.com

 

そのほかの特徴・メリット

そのほかにもプレミアムエコノミー運賃や国際線修行によるメリットはいくつも挙げることができます。本記事では、エコノミークラス(主に予約クラスS)を利用してSINタッチを検討されていた方向けに、より自由な日程とプレミアムな修行を体験することのできるプレミアムエコノミークラス修行を提案していますが、もともと当ブログで推奨している国際線修行ルートでもあるので、あわせてこちらの記事もご一読ください。 

www.kanamalu.com

 

SINタッチの準備をしよう

最後にSINタッチを行う前の準備などをまとめた 修行のしおり シリーズを紹介します。ぜひ参考にしてみてください♪

www.kanamalu.com

  

まとめ

この記事を公開した2016年12月時点では2017年3月末までの期間限定運賃を活用したSINタッチプランを紹介しましたが、現在のこの記事では2017年4月以降に恒久的に購入できる運賃を利用しています。

 

最初にこの記事を思いついたきっかけは、現在の羽田〜シンガポール線のダイヤ変更に伴い、安価なエコノミークラス運賃で土日完結のSINタッチができなくなったことを知ったためです。

 

実際に2015年のプラチナ維持修行で僕もこのダイヤ問題に遭遇して困った経験がありました。

 

ではどんなダイヤだと修行僧にとって不利なのでしょうか?

 

SFC修行僧がエコノミークラスで国際線修行を行うとき、大半の方はValue(S,W,V,Q,Hクラス)を選択するでしょう。シンガポール路線なら5万円前後で手配でき、PP単価も悪くありませんから当然ですね。しかしこのエコノミークラスValue運賃には最低滞在日数の設定があり、その日数は2日間です。つまり、現地に2日以上滞在していないと復路に乗れない(予約できない)ということになります。

 

■Value運賃の運賃規則(抜粋)

ご予約・航空券のご購入 【WEBでのご予約・ご購入】
・ANAウェブサイトでご予約・ご購入を完了してください
・ご購入時に旅行全体のご予約は確定済みであることが必要です
<ご購入期限(下記のいずれか早い期限)>
・ご予約完了と同時
・日本出発の5日前の23時59分まで
旅行パターン

エコノミークラス往復旅行、オープンジョー旅行

滞在期間

2日以上最長2か月まで

乗り換え

◇日本国内で往路・復路各1回可

◇クアラルンプールで往路・復路各1回可

途中降機

日本国外で往路・復路各1回可(1回につき7,000円)

経路規定

◇日本国内区間はANA便利用に限る。ただし、日本国内都市間の
地上移動は不可

◇日本発着国際線区間はANA便利用に限る(ただし、他社が運航する
コードシェア便は、エアージャパンまたはユナイテッド航空に限る)

予約変更

不可

払い戻し

【出発前】

大人20,000円(小児15,000円)を手数料としていただきます

【出発後】

払い戻しはいたしません

しかしこの滞在日数2日間以上とは、必ずしも2泊する必要があるという意味ではありません。仮に金曜日の深夜、例えば金曜日の23:50に日本を出発すれば日曜日の00:35の便でシンガポールを出発することも可能です。実際、Value運賃で土日完結のSINタッチができていた理由は金曜日の23:59までに日本を出発する便があったからなんです。

 

しかし現在のダイヤを確認してみると同じ羽田発の深夜便でも、出発時刻は00:10か00:15。つまり同じ金曜日の夜に出発するのでも、たった10分ちょっと出発が遅く日付を跨いでしまったが故に、日曜日にシンガポールを出発する復路が予約できなくなってしまうのです。

 

もちろん月曜日の0時過ぎにシンガポールを出発して午前8時過ぎに成田に到着する便を予約することは可能ですが、都心の会社ではまず出社時刻に間に合わないでしょうから、あまりメリットがあるとは言えません。

 

SINタッチの要となる羽田〜シンガポールのダイヤは定期的に見直されていますが、こればかりはANAが決めること。我々はその決められたダイヤの中で修行を進めて行く必要があります。

 

ぜひこのダイヤ縛りによってSINタッチを諦めていた方がいらっしゃれば、この記事で紹介したようなプランでSINタッチを実現してみてくださいね♪

 

シドニータッチ編

www.kanamalu.com

参考記事

www.kanamalu.com

www.kanamalu.com