まるとANAの旅事情

ANA上級会員に憧れて大学生時代にプラチナ&SFCホルダーに。みなさんの修行活動をアシストするお役立ち情報を発信していきます。

【2017年4月】SFC修行 - ANA国内線プレミアム旅割28のPP単価

あとで読む

スポンサーリンク

2017年4月度のANAプレミアム旅割28がお得な路線をまとめました。主にPP単価10円を切るものを掲載しています。

 

1月〜3月の運賃と比較すると、多くの路線で運賃が上昇していることがわかります。これは例年のことですが、冬から春になることで各地域ともにローシーズンを抜け、夏に向けてハイシーズンへと向かって行くためです。

 

 

さて、PP単価8円台までの路線は赤字となっていますので、是非チェックしてSFC修行、ダイヤモンド修行に組み入れていきましょう!

 

調査対象期間 2017年3月26日 〜 2017年4月28日
調査対象発着空港 国内全空港

 

希望した日付やフライトでプレミアム旅割28を予約するには、裏技の活用が有効です。

www.kanamalu.com

 

随時更新していきますのでブックマークをお勧めします。 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレミアム旅割28がお得な路線

羽田発着

前月比区間運賃額獲得PPPP単価
① 羽田 〜 那覇 24,700円 〜 31,100円 2,860 8.63 〜 10.87
② 羽田 〜 宮古 26,700円 〜 26,800円 3,295 8.10 〜 8.13
③ 羽田 〜 石垣 28,700円 〜 32,700円 3,460 8.29 〜 9.45
④ 羽田 〜 稚内 19,700円 〜 24,400円 2,097 9.39 〜 11.64
⑤ 羽田 〜 釧路 16,700円 〜 23,200円 1,787 9.35 〜 12.98

※それぞれ片道の運賃額、獲得PP、PP単価になります。
※前月比は最低運賃額を基準としています。

成田発着

前月比区間運賃額獲得PPPP単価
① 成田 〜 那覇 24,700円 〜 32,500円 2,860 8.64 〜 11.36

※それぞれ片道の運賃額、獲得PP、PP単価になります。
※前月比は最低運賃額を基準としています。

 

大阪(伊丹・関空・神戸)発着

前月比区間運賃額獲得PPPP単価
① 伊丹 〜 千歳 19,800円 〜 26,800円 2,065 9.59 〜 12.98
  ② 伊丹 〜 青森 16,000円 〜 22,500円 1,707 9.37 〜 13.18
  ③ 関空 〜 札幌(千歳) 19,300円 〜 28,200円 2,065 9.35 〜 13.66
  ④ 関空 〜 宮古 24,900円 〜 29,100円 2,665 9.34 〜 10.92
  ⑤ 関空 〜 石垣 24,900円 〜 31,400円 2,822 8.82 〜 11.13
  ⑥ 神戸 〜 札幌(千歳) 15,900円 〜 22,100円 2,065 7.70 〜 10.70

※それぞれ片道の運賃額、獲得PP、PP単価になります。
※前月比は最低運賃額を基準としています。

 

名古屋(中部)発着

前月比区間運賃額獲得PPPP単価
  ① 名古屋 〜 旭川 19,600円 〜 25,100円 2,115 9.27 〜 11.87
② 名古屋 〜 石垣 29,600円 〜 35,800円 3,010 9.83 〜 11.89

※それぞれ片道の運賃額、獲得PP、PP単価になります。
※前月比は最低運賃額を基準としています。

 

沖縄(那覇)発着

前月比区間運賃額獲得PPPP単価
① 那覇 〜 石垣 10,000円 〜 10,000円 1,017 9.83
② 那覇 〜 千歳 34,700円 〜 39,300円 3,892 8.92 〜 10.10
③ 那覇 〜 新潟 22,600円 〜 25,600円 3,030 7.46 〜 8.45
④ 那覇 〜 高松 17,300円 〜 20,300円 2,092 8.22 〜 9.85
⑤ 那覇 〜 松山 16,800円 〜 17,800円 1,917 8.76 〜 9.29

※それぞれ片道の運賃額、獲得PP、PP単価になります。
※前月比は最低運賃額を基準としています。
※③については、運賃の設定があるもののプレミアムクラス設定機材による運行がないため利用不可

 

コメント

修行僧御用達の羽田〜那覇については3月の春休みシーズンを抜けるため、最大運賃が約37,000円から約31,000円まで下がります。最安24,000円代なので3月よりは予約しやすくなります。

 

最安値はほぼ変わらないものの、4月は最安値の設定がほぼ全ての便にあり、大変予約しやすくなっています。3月はご覧のように羽田発は午後便、那覇初は午前便だけが主に安い便となっていました。

 

参考)2017年3月1日〜3月25日 羽田〜那覇

f:id:kanamalu:20170126122933p:plain

 

参考)2017年3月26日〜4月28日 羽田〜那覇

f:id:kanamalu:20170126123043p:plain

5月以降、特に6月後半からは羽田〜那覇で片道30,000円を悠に超えていきますので、国内線修行を早めに実行したい方は4月が単価の安いラストチャンスと考えた方がいいでしょう。

 

また羽田〜宮古路線のPP単価6円台もなくなってしまいましたが、羽田〜那覇と同様に最大運賃が下がり、最安運賃でも最高運賃でもPP単価8円代をキープできるようになりました。

 

そして昨年秋から話題を呼んだ成田〜福岡、成田〜那覇路線のPP単価5円代、6円代のお得なプレミアム旅割28は3月で終了になるようです。まだ2月末から3月末までの1ヶ月間は予約ができますので、成田路線を利用したかたは早めに空席を確認しましょう。

 

2017年度の運賃に関する他の記事

まとめ記事(必読) 

www.kanamalu.com

www.kanamalu.com