【手続方法】2018年4月から変更/搭乗日当日にANAプレミアムクラスにアップグレード

f:id:kanamalu:20171126064901j:plain

この記事では、ANA国内線の普通席の予約をお持ちの方が搭乗日当日に空港でプレミアムクラスにアップグレードする手続方法について紹介します。搭乗日前日や当日にスマートフォンから各種情報を確認しやすいよう表形式でまとめています。

→2018年4月1日以降はアップグレード制度が変更となります。また機内でのアップグレードもできなくなります。
https://www.kanamalu.com/entry/news-ana-premiumclass-upgrade-rule20180401

プレミアムクラスについては別途こちらを御覧ください。

2017年秋に変わるANAの国内線 | サービス拡充ポイントとプレミアム旅割28の早期販売開始について

2017.08.26

DIA修行 12月福岡①/成田空港からプレミアムクラスで福岡へ。夜はフコーカナイトをエンジョイ♪

2016.12.04

当日アップグレードには3種類ある

まずは当日アップグレードを3つに分類します。ご自身がどのパターンを希望しているかにより手続方法等が若干異なりますので、適切なものを選んで確認しましょう。

パターン1)有償航空券の有償アップグレード(SFC修行僧は基本これ)

国内線運賃、国際線運賃を問わず有償航空券に含まれる国内線区間を有償でアップグレードして、フライトで獲得できるマイル・プレミアムポイントを増やしたい場合

パターン2)特典航空券の有償アップグレード

国内線特典航空券、国際線特典航空券に含まれる国内線区間を有償でアップグレードしたい場合

パターン3)有償航空券/特典航空券の無償アップグレード

国内線運賃、国際線運賃を問わず有償航空券に含まれる国内線区間を無償でアップグレードしたい場合

パターン1)有償航空券の有償アップグレード

多くのSFC修行僧の方はこのパターンです。旅割、特割、株主優待運賃などのANA国内線運賃で普通席を予約した方・ANA国際線航空券に含まれた国内線区間の予約をお持ちの方が、搭乗日当日にプレミアムクラスにアップグレードして獲得できるマイル・プレミアムポイントを増やしたい場合の手続方法です。

アップグレード対象者
  • 誰でもOK
アップグレード対象運賃
  • ANA国内線運賃のすべて
  • ANA国際線チケットに含まれる国内線区間(OKA-SINタッチの東京〜那覇区間など)
アップグレード手続き場所
  • ANA SKY WEB(2018年4月1日から)
  • プレミアムチェックイン
  • 搭乗ゲート
  • 機内(2018年3月31日まで)
  • ANA LOUNGE

※ 普通のチェックインカウンターも利用できますが、プレミアムクラスへのアップグレード希望者はプレミアムチェックインが利用できます
※ 羽田ラウンジ内コンシェルジュにて対応可/他の空港については未確認

アップグレード手続き時間
  • 搭乗日2日前の0時~搭乗日前日(ANA SKY WEB/国内線運賃のみ)
  • 搭乗日当日の空港内ANAカウンターOPEN時間から搭乗時刻15分前まで
  • 機内でのアップグレードは出発するまで(2018年3月31日まで)

※各空港のOPEN時間はこちら

アップグレードに必要なもの
  • ANAカード/ANAマイレージカード/ANAデジタルカード(AMCアプリ)/予約番号など予約情報を確認できるもの
  • 下記アップグレード費用
アップグレード費用 ■2018年3月31日まで

  • 9,000円(国内線運賃)
  • 8,334円(国際線運賃 かつ 国際線搭乗/到着から24時間以内の乗継)

■2018年4月1日から

  • 3,000円~14,000円(国内線運賃/搭乗日2日前~前日まで)
  • 4,000円~15,000円(国内線運賃/搭乗日当日)
  • 上記金額の免税額相当(国際線運賃 かつ 国際線搭乗/到着から24時間以内の乗継)
アップグレード費用の支払方法
  • クレジットカード
    (VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)
  • 現金
  • ANAご利用券

※ 機内では現金/ANAご利用券のみ(組み合わせ可)

獲得マイル・プレミアムポイント
  • もともとの予約クラス別積算率に+50%
    (搭乗ポイントの400PPはつきません)

【参考・国内線運賃】

  • 旅作/ツアーなどの団体割引運賃など
    50% → 100%
  • 旅割、特割、株主優待、乗継運賃など
    75% → 125%
  • 片道運賃、往復運賃、ビジネスきっぷなど
    100% → 150%

【参考・国際線運賃】

  • 2018年9月30日搭乗分まで一律 ※1
    100% → 150%
  • 2018年10月1日搭乗分から
    30% → 80%(予約クラス: L/K)
    50% → 100%(予約クラス: V/W/S)
    70% → 120%(予約クラス: U/H/Q)
    100% → 150%(予約クラス: Y/B/M)※2

※1 国際線ファーストクラス(予約クラス:F)搭乗時は150%
※2 国際線プレミアムエコノミー(予約クラス:E/G)を含む

パターン2)特典航空券の有償アップグレード

こちらは搭乗してもマイル・プレミアムポイントの加算がないANA国内線の特典航空券やANA/スターアライアンス国際線特典航空券に含まれる国内線区間の予約をお持ちの方向けの手続方法です。

アップグレード対象者
  • 誰でもOK
アップグレード対象運賃
  • ANA国内線特典航空券
  • ANA/スターアライアンス国際線特典航空券に含まれる国内線区間

※UAMP発券の国内線特典航空券を含む

アップグレード手続き場所
  • ANA SKY WEB(2018年4月1日から)
  • プレミアムチェックイン
  • 搭乗ゲート
  • 機内(2018年3月31日まで)
  • ANA LOUNGE

※ 普通のチェックインカウンターも利用できますが、プレミアムクラスへのアップグレード希望者はプレミアムチェックインが利用できます
※ 羽田ラウンジ内コンシェルジュにて対応可/他の空港については未確認

アップグレード手続き時間
  • 搭乗日2日前の0時~搭乗日前日(ANA SKY WEB/国内線運賃のみ)
  • 搭乗日当日の空港内ANAカウンターOPEN時間から搭乗時刻15分前まで
  • 機内でのアップグレードは出発するまで(2018年3月31日まで)

※各空港のOPEN時間はこちら

アップグレードに必要なもの
  • ANAカード/ANAマイレージカード/ANAデジタルカード(AMCアプリ)/予約番号など予約情報を確認できるもの
  • 下記アップグレード費用

※UAMP発券の国内線特典航空券でUAのマイレージ番号が紐付いている予約の場合は、英数字6桁の予約番号など

アップグレード費用 ■2018年3月31日まで

  • 9,000円(国内線運賃)
  • 8,334円(国際線運賃 かつ 国際線搭乗/到着から24時間以内の乗継)

■2018年4月1日から

  • 3,000円~14,000円(国内線運賃/搭乗日2日前~前日まで)
  • 4,000円~15,000円(国内線運賃/搭乗日当日)
  • 上記金額の免税額相当(国際線運賃 かつ 国際線搭乗/到着から24時間以内の乗継)
アップグレード費用の支払方法
  • クレジットカード
    (VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)
  • 現金
  • ANAご利用券

※ 機内では現金/ANAご利用券のみ(組み合わせ可)

獲得マイル・プレミアムポイント
  • なし(特典航空券のためアップグレードしてもマイル・プレミアムポイントは付与されません)

パターン3)有償航空券/特典航空券の無償アップグレード

最後はアップグレードしても獲得マイル・プレミアムポイントが増えないANA国内線・国際線国内区間を含む有償航空券をお持ちの方・ANA/スターアライアンス国際線特典航空券をお持ちの方アップグレードポイントによる無償アップグレードを希望する方向けの手続方法です。なおパターン3が利用できるのはANA上級会員の方のみです。

アップグレード対象者
  • ANAダイヤモンド/プラチナ/ブロンズ/スーパーフライヤーズメンバー
  • アップグレードポイントを4ポイント以上保有する方
アップグレード対象運賃
  • ANA国内線運賃/特典航空券のすべて
  • ANA国際線運賃/各種国際線特典航空券に含まれる国内線区間のすべて
アップグレード手続き場所
  • ANA SKY WEB(2018年4月1日から)
  • プレミアムチェックイン
  • 搭乗ゲート
  • 自動チェックイン機
  • ANA LOUNGE

※ 普通のチェックインカウンターも利用できますが、プレミアムクラスへのアップグレード希望者はプレミアムチェックインが利用できます
※ 羽田ラウンジ内コンシェルジュにて対応可/他の空港については未確認

アップグレード手続き時間
  • 搭乗日2日前の0時~搭乗日前日(ANA SKY WEB/国内線運賃扱いのみ)
  • 搭乗日当日の空港内ANAカウンターOPEN時間から搭乗時刻15分前まで

※各空港のOPEN時間はこちら

アップグレードに必要なもの
  • ANAカード/ANAマイレージカード/ANAデジタルカード(AMCアプリ)/予約番号など予約情報を確認できるもの
  • 下記アップグレード費用
アップグレード費用
  • 4ポイント(アップグレードポイント)
アップグレード費用の支払方法
  • アップグレードポイント

※ マイルによるアップグレードはできません

獲得マイル・プレミアムポイント
  • もともとの予約クラス別積算率そのまま

空席待ちとなった場合の対応方法

もし希望する便のプレミアムクラスが予約でいっぱいの場合、空席待ちとなることが多々あります。カウンターでアップグレードの手続きをしている場合、空席待ちを入れるか聞かれる場合がありますのでとりあえず空席待ちは入れておきましょう。

空席待ちをリクエストした場合、搭乗時刻15分前になると搭乗ゲートの裏手カウンターで種別ごとに呼び出しが行われます。

例えば「種別A-5番から7番で空席待ちのお客様は○○番ゲートのカウンターまでお越しください」「続いて種別B-13番で空席待ちのお客様は○○番ゲートのカウンターまでお越しください」といった具合に搭乗ゲート付近でアナウンスが行われます。

ANA LOUNGE・ANA FESTAなどの売店・トイレ・喫煙室など空港全体での呼び出しは一切ありません。搭乗ゲートの近くでのみアナウンスされますから、搭乗時刻15分より少し前には必ずゲート付近に居るようにしましょう。

【重要】空席待ちには3つの優先順位がある

空席待ちの優先順位はANAダイヤモンドを筆頭に3つに区分されており、SFC修行中の方はステータスを保有していないでしょうから基本的に種別Bとなります。

f:id:kanamalu:20171126075103p:plain

種別Bの場合、種別Sと種別Aにそれぞれ3人空席待ちが居た場合には種別Bのなかで1番目だとしても7人目になってしまいます。残念ながらステータスがない場合の空席待ち成功率はかなり低いと言えるでしょう。

もしあなたがJALやデルタ航空の上級会員ならユナイテッド航空のマイレージ会員(UAMP)にステータスマッチを行い、3ヶ月間の一時的なスターアライアンスゴールド資格を獲得することもオススメです。
f:id:kanamalu:20171126081335p:plain
この場合、種別A(スターアライアンスゴールドメンバー)で空席待ちを行うことができ、ANA LOUNGEの入室や優先搭乗も利用可能です。少し優雅なSFC修行が楽しめるかもしれません。詳細はユナイテッド航空のサイトをどうぞ。

【重要】空席待ち中でも空席が出ることがある

実はカウンターでアップグレードするとき、即時アップグレードとなるか空席待ちとなるかはいかに早く空港につくかに加えて手続きのタイミング(運)も影響します。

これは、もともとプレミアムクラスに予約を入れていた方が搭乗予定の便を変更したり予約を解約することで、一旦空席待ちとなっていたはずの便に空席が出てくることがあるためです。

このように途中でプレミアムクラスに空席が出てきた場合、そのまま空席待ちの発表を待っていると残念ながら満席となるでしょう。なぜなら、空席待ちの割り振りが始まる搭乗時刻15分前までは空席待ち状況に関わらず空席があればアップグレードが出来てしまうからです。

プレミアムクラスの空席状況はANAの予約サイトを使って調べましょう。普段予約するのと同じに、ANA国内線予約・検索画面から登場したい便のプレミアムクラスを検索しましょう。運賃は関係ありませんので「プレミアム運賃」で空席があればOKです。

f:id:kanamalu:20171126083456p:plain

空席待ちの状況についてはスマートフォン・PCを使って公式サイトから確認できます。

f:id:kanamalu:20171126083112p:plain
空席待ちを入れた後もプレミアムクラスの空席状況を随時確認し、空席が出たらすぐにカウンターでアップグレードしましょう。

ラウンジ利用者は空席が出たらラウンジで手続きを完結できる

ANA LOUNGEに入室できるステータスをお持ちの方は、ANA LOUNGEでゆっくりしながら空席状況を常に確認し、空席が出たらANA LOUNGE内のカウンターでアップグレード手続きを行い、優先搭乗までラウンジでゆっくりするといったことも可能です。

わざわざ搭乗ゲートまで行かなくてもOKなので、カウンターへ移動している間に空席が埋まるリスクや移動の手間を省くことが出来ます。ぜひ活用しましょう。

ANA海外発券に含まれる国際線国内区間利用者へ

当ブログでも紹介しているクアラルンプール発日本方面行きのチケットなど、海外発券を利用すると国際線チケットに含まれる国内区間を利用する機会があるかと思います。

【ANA/海外発券】クアラルンプール→日本方面のプレミアムエコノミー他がPP単価6円台/費用は7.5万円前後

2017.09.24

このチケットを当日アップグレードする場合はパターン1に該当しますが、アップグレード費用についてはお持ちのチケットにより異なりますので補足します。

パターン1ーA)国際線から24時間以内の乗継の場合

国際線フライトの出発時刻・到着時刻から24時間以内の国内線区間については免税となり、海外発券チケット購入時に免税措置を受けているかと思います。このようなケースでは、日本発券の国際線国内区間と同様に8,334円でアップグレードが可能です。

例えば、下図のようなチケットがこれにあたります。

f:id:kanamalu:20171126073402p:plain

また国内線を往路・復路のどちらかに寄せている場合も免税となり、8,334円でアップグレード可能です。厳密には国内線2フライトのうち1フライトは国際線フライトから24時間以上離れているのですが、各区間が24時間以内の乗継となっていて発券時に免税となっていればこのケースでも免税対象となります。

ANA国内線カウンターでeチケット情報の国際線データが読み込めないことがあるので、この場合にはeチケット控えをスマートフォン・印刷した紙で係員に提示できるようにしておくと安心です。

例えば、下図のようなチケットがこれにあたります。

f:id:kanamalu:20171126073415j:plain

パターン1ーB)国際線と24時間以上離れているストップオーバーの場合

国際線フライトの出発時刻・到着時刻から24時間以上離れている(ストップオーバー)国内線区間については課税対象となり、海外発券チケット購入時にも消費税を支払われているかと思います。このようなケースでは、ANA国内線運賃からのアップグレードと同様に9,000円でアップグレードが可能です。

例えば、下図のようなチケットがこれにあたります。

f:id:kanamalu:20171126091055p:plain

以上が搭乗日当日にANAプレミアムクラスへアップグレードするための手続方法および補足情報です。ぜひ当日アップグレードを狙っている方は参考にしてみてください。